パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(新潟ジャンプS編)

盛りだくさん


セイウンスカイが亡くなったりヴィクトワールピサが凱旋門賞を回避したりアンライバルドが引退したりと話題に事欠かない競馬界。
武幸騎手が殴られたと聞いて『あぁ、とうとう藤田アニキに…』とか最初に考えたマイポンコツ脳みそに天罰あれ。


新潟ジャンプS


◎マジェスティバイオ
未勝利を勝ち上がってからあれよあれよの活躍で重賞ウィナーの仲間入り。前走も2着とはいえ負けてなお強しの内容で悪くない。
不安なことを言えば、この枠から差しの競馬になると最初の障害で挟まれて後方からになりすぎたり最悪、落馬の危険性があることか。
○タカラボス
障害に帰ってきてから2戦は大きく水を空けられたとはいえ掲示板をしっかりと確保して能力の高さを見せた。今回も相手が楽になるわけではありませんが長期休養明けの馬が多い中で順調に使われている強みを生かしたい。
▲エーシンディーエス
前走はさすがに長期休養明けが堪えたかズルズル後退したシンガリ負け。それでもビュンビュン飛ばしていく脚は衰えていなかったし、ここも展開一つで再び重賞でも上位を賑わしてくれるのでは。
△トリビュートソング
平地力の違いでゆったりと構えてスパートしていく展開不問型で、転入初戦こそマジェスティバイオに負けましたがその後は力の違いは見せた。どうしても後ろから行くと前がつぶれるか次第なので扱いが難しいところ。


日大三おめでとう>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク