パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(京成杯AH&セントウルS編)

土曜出勤も体験


新しい部署にある冷水機。やたら汚くコケも生えていてとても躊躇われたのですが、まぁ冷水機は冷水機だろうということで気にせず飲んでいたら先輩が「え、それ飲めんの?」


京成杯AH
◎レインボーペガサス
時々、不可解な大敗を喫することがありながらも今年に入ってからは順調そのものでクラシック路線で活躍した頃の勢いが戻ってきたか。おそらく母父デインヒルの影響を多分に受けているのでここも1着か掲示板外か。
○フィフスペトル
函館2歳Sを勝ったときには『はいはい、打ち止め打ち止め』と思っていたら意外に成長力もあり、1年のブランクがありながらOP勝ちも納めていてやっぱりキングカメハメハは別格なのかね。
▲タマモホットプレイ
前走は久しぶりに掲示板を外しましたが数は少ないものの1600でも勝ち鞍はあり、2年前のこのレースでもコンマ3秒差の6着に健闘していて血統や鞍上で人気にならない分、狙ってみたくなるところ。
△オセアニアボス
条件時代は善戦マンだったこともあり勝てても接戦だったり人気を食うだけの困ったちゃんでしたが、ようやく順番が回ってきたようで晴れてOP入り。父レッドランサムだし2000までならどんな状況でも自分の競馬はするのであとは足りるかどうか。


セントウルS
◎エーシンホワイティ
NHKマイルC路線で弾かれて古馬になってから1200中心に使われてから徐々に頭角を表すバクシンオーの典型タイプ。阪神で行われたCBC賞で勝負になって平坦1200で勝ち上がっているのでソロソロ前哨戦なら。
○エーシンリジル
準OPクラスで一度は頭打ちになったのかな?と思わせておいて最近になって調子があがってきて前走も重賞初連対。走るたびに騎手が替わる馬でも阪神で乗ったときは必ず勝っている岩田騎手なら。
▲トウカイミステリー
前走は何を根拠に人気になっていたのか不思議な感じでしたが勝ったということは何かしら得られるものがあったということか。引き続き人気も似たような位置なので流れに乗れるようなところから。
△ヘッドライナー
以前はハナを切れなければ競馬にならなかったのが久しぶりに先行から掲示板に載った。元々、酒井が乗り出してから逃げるようになっただけで幸のときは差しに回っていたことがあったので、その辺りのさじ加減なんでしょう。


ちょーい!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク