パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(セントライト記念&ローズS編)

暑さ2割増


ますざぶの「脳味噌くれ~」がツボに入ってのたうち回っていたらアバラがボクン!とか音を立てたあと冷や汗がとまらなくなってしまい病院に行ったら即ギブス。気候的には涼しくなってきましたが腹まわりだけ汗だくです。


セントライト記念
◎マイネルメダリスト
春の新潟500万以来のレースですが中山2200の水仙賞では前2頭が残る展開のなか後方から唯一、飛び込んできて3着がありスローの前残りの展開になっても差し込めそう。
○ハーキュリーズ
デビュー直後は追い込みの競馬も見られましたが母父アリダーで兄にもヒシアトラスがいる血統なら前で勝負して押し切る競馬のほうが向いているだろうから。
▲ターゲットマシン
弥生賞の玉砕逃げは不可解な競馬でしたが、前走のラジオNIKKEI賞を見るかぎりではやはりこの馬も東京より中山向き。今回は逃げ馬もいるのでよほどやりあわなければ。
△ヒットザターゲット
キングカメハメハ×タマモクロスでやや短距離寄りかな?と思っていたら2600もこなしていて時計のかかる芝でも走れるのは素直に母父の影響か。それなら中山2200あたりがダメということもないと思うので内からスルスルで。


ローズS
◎マルセリーナ
オークス4着は個人的によく走ったと思っているので世間一般の評価よりは上に見ています。乗り替わりがどちらに作用するか不明瞭ですが目下の勢いは無視できないのでコケるまで追い掛けても。
○エリンコート
前売りの雰囲気ではホエールキャプチャの安定感が買われている印象。ただあくまでもGIを勝ったのはこの2頭。忘れな草賞も勝っていて阪神芝中距離の経験があるのは貴重と見る。
▲リヴァーレ
本来なら人気馬3頭で堅いと思うところですが、そんな下らない予想なら新聞に腐るほど書いてある。
芝に替わってから馬券圏内を外しておらず前走もいやらしいメンバーを相手に競り勝った。母父キンググローリアスなんてまさにトライアルでこそ。
△ドナウブルー
初勝利の頃はクラシック有力馬の1頭に数えられ、重賞でも人気になりましたが展開や位置どりのマズさもあって結果が出ず。ただ無理をせずここへ照準を合わせたのは正解だと思うし、久々でも仕上がっていれば。


くしゃみが難敵>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク