パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(オールカマー&神戸新聞杯編)

気が付けば来週はGI


相変わらずウインズ高松へは行けないので、この悶々とした競馬熱はスタホに転嫁されるわけなのですがシルバー馬主になってもまだウイニングラリーはどれも制覇しておらず桜花賞・オークスはホワイトショコラ、秋華賞はシュガーレスガール、皐月賞・菊花賞はスエキチテイオー、ダービーは自己生産馬で勝てたものの今までに一番メダルを稼いだ馬はエトランジェでSWBCを勝つ始末。
昔からポケモンとかたまごっちみたいな育成ゲームは苦手だったわけですが、こう記録に残る形で現われるといかに下手くそさ加減がわかるので角居さんはすごいなぁとかつぶやくのです。


オールカマー
◎アーネストリー
これだけ一本被りの人気馬を買うのはどうかな?ということで外そうと考えたらあまりにもメンバーがひどすぎるので。九分九厘勝つと思うけど、馬券としては2着とか4着以下のほうが面白いか。
○シャドウゲイト
オールカマーにふさわしい古豪。ジョージモナークとかハシルショウグンを思い出すね。ここへ来てなぜか重賞で安定した走りを見せていて逆転はなくても同型の若い者にはまだまだ負けないか。
▲マイネルラクリマ
逆に若さをアピールするならこの馬が。あまりにも人気に沿いすぎている帰来はあるけどもラジオNIKKEI賞からトライアルを使わずにここに来た心意気は買いたい。
△ゲシュタルト
クラシック以後なかなか馬券に絡めていなくて今回も天皇賞春以来なので実績はあるけれど…といった感じ。ただ条件上がりよりは実力は上位だと思うのでそろそろ。


神戸新聞杯
◎ウインバリアシオン
先週のローズSで大概懲りたので安易に見てもいないGI馬を信用するのは危険だと感じたので。だからと言って特殊な馬場だったダービー2着をどの程度評価していいのかもわからず…。
○オルフェーヴル
上記の理由からどこまで1番人気のステイゴールドを信用していいのか非常に悩ましい。実際に馬券が買えないからといって妙な予想ばかりしたらいざというときにフォームが崩れるので。
▲ステラロッサ
東京での2戦は見せ場なく沈んだものの阪神で行われたスプリングSではオルフェーヴル、アルメリア賞でもトーセンレーヴと同じ脚を使っていてコース替わりの今回なら。
△ショウナンマイティ
ラジオNIKKEI杯の頃は「はいはい、人気先行人気先行」という印象だったのがトライアルでは結果的に後ろすぎたというのもありながら頑張っていて、前走もあまり有利な条件とは言い難い中1着まで差してきたので。
ただ、ヤネがこういう場面で汚いくらい権利までの脚余しを平気でするので4~6着という臭いも。


全国は夢のまた夢>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク