パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(スプリンターズS&凱旋門賞編)

本日はGI2本立て


向こうは凱旋門賞という大一番ですら「馬場が向かない」でアッサリ回避する図太さを持っているのがすごい。日本から遠征したけど「芝が合わないので」なんて言って一つも走らず帰ってきたらどんなことになるだろうか。


スプリンターズS
◎ロケットマン
国内だけのお山の大将なら喜んで消しただろうけど、ドバイGSを勝ったということは下手に逆らわないほうがいいのか?
馬場の違いとか坂の有無とか重箱の隅をつつけばいくらでもマイナスデータは出てくるだろうけど、今の日本スプリント陣がドバイGSあたりで快速比べをしたら太刀打ちできるかと考えたらまだまだ人間と同じで世界との差はあるような気がする。
○ダッシャーゴーゴー
あぁ、つまんねぇ予想!
だって会社の先輩が「ロケットに乗ってゴーゴー!」なんてベタベタなギャグをぶちかましたあとに「まぁ、馬券はラッキーセブン…じゃねぇやナインからだがな」とか言ってたので。
▲フィフスペトル
予想外に成長していたと京成杯AHの時に発言したら頭まで来てビックリ。GIレベルではどうかなぁと思いつつ前が激しくなって差しに出番があれば1800もこなせるスタミナで最後の坂を味方に付けるのでは。
△ケイアイアストン
スプリンターズSと言えば高校生の時に友人のT君がタイキシャトルから勝負していて「夢がねぇんだよ!男なら単勝万馬券だぜ!」と言いながら買ったダイタクヤマトの単勝を思い出す。
ただ、その後の彼は公務員で嫁さんがいて子供も来年から小学校。どちらに夢があったかはこの際。


凱旋門賞
◎ソーユーシンク
日本馬は?とか聞かれそうだけど、ねぇ?
3歳馬が有利なこのレースですが今年はこれといった存在が見当たらないので距離不安を囁かれているこの馬でも実力でねじ伏せるのでは。
○サラフィナ
海外も日本と同じく近年は牝馬の台頭が目立っていて誰も口にしなくなったけど、このレースは牝馬が不振だった時代があった。単純に能力の差があるだけかもしれないが、やはりタフな芝になりやすいのが原因か。
安定感は買えるけど大一番にはその安定感が2着までになりやすいので突き抜けられるか。
▲トレジャービーチ
イギリスダービー2着のアイルランドダービー馬。ただ前哨戦ではナサニエルに接戦ながら勝っているし3歳馬の中から選ぶならこれか。父もバリバリの欧州血統でオブライエンだし。
△ヒルノダムール
恩情。
天皇賞春の勝ち馬と言われてもアレだし、元々は善戦マンだったことを考えれば掲示板までなら…程度。万が一があるなら、藤田騎手がまさかのフランス語&英語で恫喝によりインから先手を…


まさに観光目的みたいな感じでさ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク