パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(毎日王冠&京都大賞典編)

名馬が相次いで亡くなった今週


先日のルドルフの訃報に続いてサッカーボーイと悲しいニュースが多かった。サッカーボーイはGI馬を多く輩出しましたが日本の馬産もわけわかんねぇ南米血統やドイツ血統ばかり重用しないでこういう国内の珍しい血を使うことも学んでほしいな。
最近の競馬はスポーツでもギャンブルでもなく、一部の人間の勝手によるビジネスの一環でしかないようなやり方しか見えないから。ヴィクトワールピサ、お前だお前。


毎日王冠
◎セイクリッドバレー
新潟大賞典以後、煮え切らない競馬ばかりで丸山元気も頑張らないと外人騎手にパクられるのは時間の問題だ。ルメールとか乗せてアルゼンチン共和国杯に出ることになるぞ。
○リアルインパクト
2場開催だと地方交流500万がないから戸崎さんも来られないのか?まぁ、岩田騎手ならプラマイゼロか。
最強の1勝馬の称号をGIで返上したのは驚きましたが、3歳馬が中距離路線でどれだけ戦えるかの物差しになるかの1戦なので競馬はしてほしい。
▲シルポート
この頭数なら間違いなく奇襲を仕掛ける馬が1~2頭はいるはずで番手からの競馬になりそう。東京で逃げて33秒台でまとめたこともあるので無理に逃げた馬の金星もなさそう。
気になるのはデビューから1600以下に良績が偏っているところ。
△シンゲン
いくら鉄砲が効くといっても、さすがに長期休養が続いてコンスタントに使えず久々がGIで輸送によってマイナス12キロでは出番もなかった。今回は久々でも3ヶ月ぶりという他馬と似たような条件だし輸送のない関東なら。


京都大賞典
◎ローズキングダム
惨敗の天皇賞春は特殊すぎるレース展開で、これを除けば今回のメンバーでここまでまともな競馬をしているのは子の馬だけ。59キロの斤量が気になるもののいい加減、取りこぼしは許されない。
○マイネルキッツ
目黒記念に出てきたときは何をとち狂ったのかと思いましたが、それなりに走っていてまだ衰えたとまではいかないか。元々は直線平坦のコースの方が得意なタイプだし一角崩し。
▲オウケンブルースリ
昨年の有馬記念から歯車が狂いだして今年のレースではすべて1秒以上離された敗戦が続いていますが、京都記念と阪神大賞典ではソコソコ脚を使えていたのでうまく折り合いさえつけば得意条件で。
△ネコパンチ
1200と2600に勝ち鞍のある非常に変わった馬ですが、比較的クラシックディスタンスを得意にしているみたいだし北海道での2戦で中団マクリを見せていたのが今回鞍上の池添騎手にはピッタリの脚質なのでは?


ダービー勝利→種牡馬入りとかするから流行らないんだよ欧州競馬は>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク