パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(天皇賞・秋編)

ススッと


毎年のことながら、僕は大概1年に1度だけ大穴をブチ抜いてその利益でプラス収支を維持するスタイルが確立されてきていて、今年も小倉記念の三連単を最後まで盾にして踏張りそうな気配。理想は毎週少しずつ利益を上げて年間プラス収支になることですが、それができるなら競馬で生活できるか。


天皇賞・秋
◎ブエナビスタ
調整が今一つで太め残りになりそうという報道や、単純に衰えたという考え方もできますが結局のところドバイ以外では連対を外しておらず、他の馬に目が行って単勝1番人気でも3倍前後というのはかなりおいしいのでは。
○ペルーサ
藤沢和厩舎にしては珍しく天皇賞・春路線を真面目に走らせていましたが、秋はやっぱりここらしくぶっつけ挑戦できました。前哨戦を使っていないので仕上がり具合が問題ですが、期待馬にしかこういうローテも組まないので昨年のリベンジも兼ねて。
▲ダークシャドウ
前走の毎日王冠では完全に負けたかなと思うところから力強く抜け出してきて本格化した印象。少し反動が無いか心配なところと、父がダンスインザダーク産駒なのが引っ掛かるところですが混戦になれば。
△ローズキングタム
こちらも前走は斤量を克服できるかが焦点でしたが、相手もそれなりに揃う中で勝ち切れたことは評価できる。ただ、やはりこの一族だけに馬券としてはヒモまでというイメージは拭えない。


もう一つくらい大きいのを当てたい>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク