パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(JBCデー編)

きゃっほー


11月より車の使用許可が降りたため存分に乗り回しています。
大学時代に購入したサニーも早や8万キロを走るに至っておりそろそろ買い換えれば?というディーラーからのお誘いには笑顔で「そんな金があったら病院に払うわ」と言い返しています。


JBCレディスクラシック
◎ラヴェリータ
前走は早めに動いて勝ち行く競馬をして最終的に差されてしまいましたが元々は前でも競馬ができる馬なのでどちらかといえば脚を計ったような負け方だった。今回も真ん中よりの枠に入ったことで周りを見ながら競馬をするだろうし、新興勢力にめぼしい馬も見当たらないので人気でも中心視。
○エーシンクールディ
中央時代は重賞で一息という成績とはいえOPまで出世していて、前走も距離が心配されながら踏ん張って3着を確保していた。今回は人気馬が中団に控えてけん制しながら進んでいくと見るなら前回よりも展開が向きそうで、ほかに絡んでいく馬も近走不振のブラボーデイジーと高知のギンガセブン程度ならほぼ単騎逃げが見込めるといってもいい。
▲ミラクルレジェンド
フジキセキ牝馬ながらダートに転向後は1800m以上をずっと使っていて意識して中距離路線を目標にしている印象。2走前も牡馬相手にOPをしっかり勝っていたし、この血統にしては1着か4着以下かという成績になっているのでラヴェリータが不発なら。
△トウホクビジン
スタートが今一なのか後方からの競馬になりがちなのが気になるところですが、レディスプレリュードでは上がり37秒2でラヴェリータのそれとコンマ1秒しか違わなかった。しっかりとスタートして流れに乗れば地方馬でも牝馬同士なら漁夫の利で3着まで。


JBCスプリント
◎ラブミーチャン
交流重賞では何度も中央の壁に弾かれてきましたが、それでも1200mでは3着以内を確保しており安定感なら世代でも屈指。今回も中央勢に強力な逃げ馬が休み明けのサマーウインドしかおらず、隣のジーエスライカーよりはテンのダッシュ力があると考えてうまく直線で引き離せれば。
○セイクリムズン
1400mが主戦場の馬で1200mではあまり走っていませんが、大敗したのがヒヤシンスSとフェブラリーSであることを考えたら1ハロンでも短縮するほうがベターか。血統的には2500でもどんとこいというイメージなんだけどなぁ。
▲パフォーマンス
門別と大井で比較するのは少し無理があるようにも感じますが、前走の時計はスーニよりも早い1分10秒6で、それを先行しながら叩き出したのなら評価はできるはず。3歳馬で斤量の恩恵はそれほどでもないにしろ上昇度は高いはずなのでまさに大穴なら。
△サマーウインド
昨年のGI勝ちを引っさげて芝のGI獲りに挑戦しましたが、4ヶ月ぶりに乗り替わりで見せ場もなく沈み何をしに出てきたのか首を傾げたくなる結果に。今回はさらに7ヶ月空けての出走で、どこを目指しているのか目的がはっきりしませんが昨年の強い時期を見ているだけにもう少し見ていられる競馬をしてほしい。


JBCクラシック
◎トランセンド
エスポワールシチーとフリオーソが出てくればもう少しやる気も出たのだろうけど・・・。
前走は4コーナーで完全に手ごたえが怪しいと思っていたのに坂を上りきってから再加速して前を捉えて1着と、伊達にドバイ2着はしていないという勝ちっぷり。今回はスマートファルコンとの一騎打ちムードが漂っていますが、勝負してきた相手とレース振りを考えたら明らかにこちらが上と思う。
○スマートファルコン
昨年の今頃は「雑魚を相手に小銭を稼ぐクズ馬」というイメージを持っていましたが、今年に入ってからも強敵のいない重賞を漁っているのは変わらずで、それこそトランセンドがいるからそういうローテになっていたのかもしれないけど今回は大将格がいるのでまぁ2着まで。雑魚相手の楽勝には騙されない。
▲シビルウォー
正直、上2頭に勝負を仕掛けられる馬がほかにいるかな・・・?と考えましたが500歩くらい譲ればこの馬くらいしか思い浮かばない。一応、中央の1600万クラスの上がり馬を抑えて重賞を連勝しているわけだから力をつけたと言えるし、6歳といえども母父サドラーズウェルズだからそろそろエンジンがかかり始めてもおかしくはないけど、父がウォーエンブレムなので頭まではどうかなぁ?
△タガノサイクロン
ダートで頭打ちになって芝に転向してまるで走らず地方に移籍して1年の休養明けから3連勝。さすがに中央のOPで雑巾がけを長くやっていただけあって1年ぶりでも園田では力が違ったか。3着くらい荒れてもらわないと足が出るばかりなので3連単で20倍くらいつけてくれると嬉しい。


タイヤにいたっては買ったときのまま>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク