パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(京都ジャンプS&京王杯2歳S編)

悲壮感


どの会社にも、先輩なんだけど仕事がもう一つという社員の方がいると思われます。そういうのを見ると注意すべきか自分がある程度サポートに回るべきか悩むところなのですが創設以来の社員が今年入社の中卒社員にダメ出しを食らっているのを見ると「そういうものか」と納得してしまったり。


京都ジャンプS
◎エルジャンクション
障害に帰ってきてから2→4→1着で2走前はワシャモノタリンと接戦で前走はこのコースで勝利。善戦タイプのシンボリクリスエス産駒らしい格上げされても自分の力は出せるタイプだしG3のここなら。
○エムエスワールド
前走は3ヶ月の休み明けでプラス14キロと馬体も増え、行き脚もつかないなかそれでも3着を確保。平地力の差で何とか形にはなったし一叩きされて上昇してくれば重賞でも。
▲ランヘランバ
外枠に人気が集中すると思ったけど。
前走はマイナス14キロで敗因も明らか。5ヶ月ぶりだし目標はまだ先だろうし昨年の勢いはないけども気分よく運べれば。
△ドングラシアス
もともと馬体重が乱高下しながら成績も不安定なタイプだったのがこの所は相変わらず馬体重が変わりながらも連続連対。マーベラスサンデー×コマンダーインチーフなら京都向きだろうしもう一丁。


京王杯2歳S
◎ゲンテン
1400という微妙な距離のせいなのか毎年、変わった種牡馬の産駒が絡んでいて今年はこれかなと。
デイリー杯2歳Sでも沈みそうになりながら最後まで踏張っていたし、直線の長い東京でも1ハロン短縮なら。
○モンストール
新潟での2戦を見るかぎりでは終いをしっかり伸ばせる脚を持っているのがわかったし、アドマイヤマックス産駒を考えたら距離も問題なさそう。あとは8枠と賞金が足りているので他との仕上がりの兼ね合いがどうか。
▲オリービン
未勝利を勝ったばかりなのにエライ人気だな…。ダイワメジャー産駒だからだろうか?
ともかく新馬戦では1600をこなしていて未勝利も坂のあるコースでグイグイ伸びていたし逃げ一辺倒の1勝馬ではなさそうだし母父のジルザルもヌレイエフ系で追ってからしぶとそうなので。
△ナイスヘイロー
武英の乗っていた馬は藤田に回ってくるイメージがあるのだが何故だろう?
函館2歳S以来ながら降着を考えたら馬券圏内は外していないわけだし人気のないうちに。


そうか、いいのか>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク