パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(エリザベス女王杯&武蔵野S編)

こういう所でも


今までサラブレが金曜日に発売だと流通の都合上、月曜日にしか手に入らなかったのがウインズの売店なら競馬開催中に販売しているのであっさり購入。
読みたいけど家まで我慢、いや、ますざぶだけでも…いや…だが…!


エリザベス女王杯
◎アヴェンチュラ
春のクラシックを棒に振りながら夏に復活してGI勝ち。枠が逆になっていてもホエールキャプチャに負けていたか疑問に思うほどの快勝ぶりで完全に軌道に乗った。
気になるのはこの一族との相性が最悪なこと。特に兄姉。
○ホエールキャプチャ
クロフネ産駒だけに距離延長が課題だったが思ったほど苦にしている感じには見えなかった。今回は外回りコースの2200とさらに条件は厳しくなったがもう一押しあれば。
▲レーヴディソール
長期離脱が惜しまれた春先からここを照準に乗り込まれた。実績はあるだけに仕上がっていなければ来年から始動しても良いわけだからそれなりに手応えがあると考えて良いか。
チューリップ賞の段階では牝馬三冠は確実と言われていたし、万全なら一番強いはず。
△アパパネ
前哨戦を走らないのは有名だがいくらなんでも前走は太すぎ走らなすぎ。それでもヴィクトリアMでは勝っているし終わったと思われたほうが面白いか。


武蔵野S
◎ダノンカモン
1400が主戦場だから1600はどうかな?と思われた前走も見せ場たっぷりの2着で内容は良かった。今回は56キロでエスポワールシチーがみやこSを勝っただけにこちらも負けられない。
○アドマイヤロイヤル
関西馬ながら勝ち鞍は東京ダ1600に集中していておそらくこの条件を狙っていたのだろう。血統的には重賞で嫌う要素はないしヤネも狙ったレースで稼ぐタイプなので。
▲タイセイレジェンド
2着が1回あるだけで後は1着か4着以下の極端型。前走は1400でも3走前は1600で接戦だったし、同型は多くても無理矢理に自分の形にしたほうがいいだろうから。
△オオトリオウジャ
なまじ芝のレースで走るから色気を見せて色々な条件を使われるがゴールドアリュール×ジェイドロバリーなんだから素直にダートに専念するのがいいと思う。


チラッと、チラッとだけ!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク