パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(京阪杯編)

寒さ極まる


秋を通り越して一気に冬の気配がやってきたため社内では早くもパッチ祭りが開催されており、誰が最後まで寒さに抵抗して履かないかで我慢比べのような光景が広がっていますが僕は天然物を一年中履いているようなものなので生暖かい目で見守っています。


京阪杯
◎グランプリエンゼル
成績も脚質も不安定でなかなかデキを判断しづらい馬ですが、春にヴィクトリアマイル→CBC賞で接戦をしたときの鞍上ウィリアムズに戻るのはある意味プラスだし京都も最終週で多少なりとも外が伸びることを期待して。
○コパノオーシャンズ
常に後ろからで届かなかったらごめんなさいな競馬だったのが、さすがにこのクラスでは通用しないとわかったのか中団差しにシフトしていてオパールSも不利な8枠から上がり32秒9と7歳牝馬とは思えない脚を使っているのでうまく内を捌ければ。
▲ジョーカプチーノ
かつてのGI馬もソロソロ首筋が寒くなってきたのかむやみにGIではなく賞金を加算しに出てきた感じ。スワンSを考えたらやっぱりマンハッタンカフェ産駒らしくスタミナに物を言わせて逃げ切るほうが良さそうなので変に番手に控えなければ。
△ワンカラット
迷走が続くと沈み込み好走が続くと相手も関係なしとまったくもって評価に苦しむ馬。前走も540キロは骨折明けとはいえさすがに重すぎる気がするし、かといって520キロ台がいいわけでもなく500キロ台では一気に減り過ぎだし…さて。


もう下半身パツパツ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク