パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(中山大障害&ラジオNIKKEI杯2歳S編)

例年、人気になる時期


競馬をやらない人でも名前くらいは知っているレース有馬記念。忘年会シーズンともなれば新聞を片手に僕のところへ来て「どれが来るの?」と聞かれることもしばしば。
どれが来るのかわかるのなら逆に教えてほしいし、儲けたいなら有馬記念よりは東京大賞典でスマートファルコンから買うほうが堅いような気がするけども、それでは意味が無いので毎年当たり障りのない予想をしています。


中山大障害
◎ディアマジェスティ
休み明け2戦はまだまだ仕上がり途上で道中の行きっぷりも今一つだったのが叩き3戦目で一変。使われながら良くなるブライアンズタイム産駒だしメンバーも手ごろなここは連勝もある。
○マジェスティバイオ
春からコンスタントに使われつつ掲示板を外さない安定感は見事。オペラハウス産駒だけに使いべりしないのはさすがだが、こういうタイプは大一番で頭を期待しにくいのが難点。
▲マイネルネオス
急遽、日程が変更になった中山GJで初GI制覇。中山コースを得意にしているし、前走を叩いて上昇が見込めるので一発まで。
△ジャストルーラー
障害入りしてからテレンコに来ていて順番から言えば今回は来るタイミング。とうとう障害にまで進出してきたキングカメハメハがどこまでできるか。


ラジオNIKKEI杯2歳S
◎グランデッツア
札幌2歳S以来になりますが3着に負かした相手がマイネルロブストで久々にこの路線からクラシックに乗りそうな馬が出てきた。春に外人や武豊に強奪されないためにも秋山は1戦必勝態勢を敷きたい。
○ゴールドシップ
このところ躍進著しい須貝厩舎。
前走も後ろから行く競馬でしっかり結果を残した。安藤勝も乗鞍を絞って乗っているだけに来年へ向けて手応えをつかんだ状態にしたいところ。
▲エーシングングン
新馬戦は逃げて勝ち、前走は最後方から追い込んで2着。2歳にして両極端な戦法で結果を残しており、今回がどちらの作戦をとるのか気になりますがその日の馬場状態に合わせて変えられるのはプラスかも。
△アダムスピーク
話題にたくさん上がっても案外なディープインパクト産駒が多く、2戦目以降に人気を裏切ることが目立つので切り続けたほうが儲かると思うけども大物が見たいのも事実。いや、ディープブリランテがいるから別にいいかな?


下手に当たると困る>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク