パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(根岸S&京都牝馬S編)

予想外


今月号のサラブレに付いてきた謎の箱。中身を確認していなかったのですがネックウォーマーが。
今までマフラーなどを装備したことが無かったのですが、ふきっ晒しの工場で働いていて風の強い日が続いたので寒さに耐えかねて試しに使ってみたら。
いい…!
とっても…!


根岸S
◎ダノンカモン
前走のJCダートは個人的に1ハロン長いと思っていたので5着と言えども褒められる内容だったと思う。シンボリクリスエス×オジジアンでいかにも前哨戦のGⅢならという配合だし人気でも。
○ヒラボクワイルド
1600以下に良績が集中しているのに何故かクラスが上がるたびに1700以上を使われる不憫な馬。番組だってあるだろうに。
中央なら1200&1400、ローカルなら1700だけの分かりやすいワイルドラッシュだろうし、ここでダメでも先々でお世話になるでしょう。
▲サクラシャイニー
毎年このレースは訳の分からない産駒が走っていて、エイシンサンディやらアドマイヤボスやらと妙なサンデー系の溜まり場となっている。誰がサクラプレジデント産駒がダート短距離で3連勝すると予想できただろうか。
△オオトリオオジャ
溜めれば斬れるゴールドアリュールの兼用タイプでイメージとしては母父ジェイドロバリーが強く出た感じ。意外と乗り役にうるさく、外人やリーディング上位の騎手の時しか走らない。
ちなみにアントニオバローズが1番人気だったプリンシパルSの2番人気がコイツ。ホント、どうかしてる。


京都牝馬S
◎アスカトップレディ
準OPクラスと重賞の間でややもたついた感のある時期が続きましたが、ようやくOP定着の足掛かりができた前走。京都の8枠で牡馬に混じって3着ならここでは威張れる部類だし、もう一歩。
○ドナウブルー
素質の高さは疑いようもなく、一つ間違えばクラシックでも…と思わせる競馬はしてきた。後ろ一辺倒だった脚質もようやく好位の競馬ができるようになったしまともに走れたらここはチャンス。
▲コスモネモシン
北海道シリーズでの接戦はGIでの活躍を期待したが賞金に泣いた。こちらも戦法に幅が出てから競馬が安定しており、この枠なら番手からでも押し切れるだけの力があるはず。丹内も川島になるか池添になるかの分水嶺、気合い入れていけ。
△ダンスファンタジア
昨年春先のモタモタした競馬も休みを挟んで一変。勝ち鞍こそないが内容が確実に良化しており結果的に中身が伴わないままGI戦線に出たのが厳しかっただけか。藤沢和厩舎人気も落ち着いてきたし、手ごろな人気での一発に期待。


シルクロードSまでの成績
【3/10 +270540円】


あたたかい…!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク