パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(東京新聞杯&きさらぎ賞編)

はて


何気なくレースの名前を口にしていながら案外と気になっていたのか「きさらぎ賞」はなぜ「如月賞」ではないのか。確か地方競馬では知っている限り「如月賞」だったはず。
皐月賞が「さつき賞」と表記されるのは「皐」が新聞社の表記になかったからと聞いたことはあるが。
そう言えば今は開催されていないけど「葉月S」も「はづきS」でひらがなだったなぁ。


東京新聞杯
◎ダノンシャーク
京都金杯ではやや無茶な位置から追い上げて2着に突っ込み重賞でのメドを立てた。今回は内田博に乗り替わり、おそらく必要以上にインを突いて出られなかったらごめんなさいの競馬をするだろうからまさに一か八か。
○コスモセンサー
セコイ競馬でうっかりアーリントンCを勝ってしまいクラスの壁で完全に頭打ちになったと思ったらオープンを2連勝。ようやくクラスに体が追い付いてきたか。
3歳春に活躍~低迷~復活の流れはマイル路線でよく見かけるので本格化か単純に枠と相手が弱かっただけか。
▲フレールジャック
ディープインパクト産駒マイラー説がはびこるから余り安易に距離短縮してほしくないがね。
福永は東京や新潟で内が伸びてもゴチャつくなら平気で外をブン回す悪い意味で大胆さを持っているので当日の展開次第。
△ガルボ
夏に体調を崩したのか体重の乱高下を繰り返し、前走もプラス18キロながら好走した。要は外的要因に敏感なのかも。
それを考えれば輸送のない関東がベターだろうし勝ち鞍のある東京ならもう一丁あっても。


きさらぎ賞
◎ワールドエース
若駒Sはちょっと大事に乗りすぎてもったいない競馬。それでもサンデー系にありがちな新馬戦大将ではなく最後まで伸びるタイプではないかと。
小牧に乗り替わりというのは前走に火に油で余計に遅仕掛けをカマしそうな気がするけど。
○ヒストリカル
新馬戦を勝ったあとは人気で煮え切らない競馬を続けましたが、この馬なりに前進は続けていて継続騎乗になる安藤勝も脚の使いどころは心得ているだろうから気持ち前で勝負してくれると考えて。
▲スノードン
京成杯は出遅れて後方から脚を使うも5着まで。逃げて未勝利を脱出しましたが最近は出遅れが目立つのが気になるところ。
今回は頭数も減るし実績のある京都コースに替わるので一発があるか否か。
△プレミアムブルー
毎年のようにいる最強の1勝馬の称号を手にするのではと睨んでいる1頭。こういう重賞で好走しているのに人気が上がらないタイプは当たれば儲け物、外してもケガは少ないのでトライアルまでの賞味期限をフルに活かしたい。


小倉大賞典までの成績
【3/13 +263340円】


教えてエロい人>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク