パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(中山記念&阪急杯編)

動けない


うっかり来てしまったスキー場。ウェアに着替えて一面の銀世界に降り立ったまではよかったもののそこからが地獄。
片足にボードを付けたまま歩くこともままならず、リフトから降りるのさえ何度もこけて後ろから来る椅子に追突されかけ、立ち上がるだけでもデカイ腹が邪魔してヒーヒー言う始末。
それでも何とか上から下まで自力で滑れる程度まで上達したが、後ろ向きに滑るのだけは絶対無理。漏らす自信がある。


中山記念
◎ネオサクセス
中山金杯は重賞初挑戦ながら上がり最速を計時、位置取りが後ろすぎた。追い込み脚質なので展開任せになるが今回はシルポートがいて折りからの悪天候で不良馬場なら無欲の一発も。
○トゥザグローリー
ようやくこの馬らしい実力を見せることができた前走。メンバーも当初より楽になって競馬もしやすいはず。
中山に勝ち鞍がないと言っても3着2回は有馬記念だし、2500みたいな半端な距離をこなせるなら1800でも。
▲フィフスペトル
あまり人気にならない馬ですが実は一昨年のマイルCS以降は6着以下に負けたことが無くかなり安定感を増してきた印象。スプリンターというイメージも昨年に中山1800を勝っていて距離も意外に持つし、ダービー卿CTあたりで人気になる前に買っておきたい感じ。
△フェデラリスト
中央に再転入してからは充実一途、3連勝で重賞を制して母の面目も保った。母の印象からか長距離を使われがちだったがアンブライドルドのエンパイアメーカーならマイル前後も守備範囲だろうし大ゴケするまでは押さえてみたい。


阪急杯
◎サンカルロ
関東馬ながらなぜか関西のほうが走るイメージがあって阪神Cも勝利。今回は大外枠なので道中の位置取りが重要になるもののどうせ安田記念の頃には見向きもしていないだろうから得意条件で。
○オーセロワ
芝に替わってようやく勝てたと思ったら返す刀で準オープンも突破。メモリアルイヤーとの兼ね合いがカギになりますが1400を逃げ切った分だけこちらが有利と見る。
▲ガルボ
長いトンネルを抜け出して久々の重賞勝利となりましたが昨年もこの時期に良かったのでやっぱり季節的なものか?
持ち時計に不安があるので少し渋るほうがいいかもしれないので早めの押し切りで。
△ドリームカトラス
徐々に距離を短縮して最近はずっとマイルを使われて今回さらに1ハロン短縮。父デュランダルだし別に距離は気にならないし、勢いがある間に重賞でも結果を出すタイプかも知れないのでお楽しみに。


アーリントンCまでの成績
【3/21 +244140円】


全身筋肉痛>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク