パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(オーシャンS&チューリップ賞)編

中京競馬場オープン


早速、どうなるか見ていたけどテレビ画面から見てもわかるくらい坂の傾斜がキツそうで下級条件だとゴールまで脚が一緒になって案外差しが決まらないかもしれない。逆にGⅢ以上だと思わぬ伏兵たちのズブズブ決着で溢れかえりそう。
とりあえず今月は逃げ馬だけ買っていればいいだろうなぁ。


オーシャンS
◎ワンカラット
淀短距離Sはあの展開ではやむなし。もともと好走は先行したときに限られるし手綱も藤岡に戻った今回は前で勝負するはず。
京都牝馬Sや中山牝馬Sでなくここを使うのもこの路線で戦うという決意の表れか。
○ダッシャーゴーゴー
JBCスプリントは苦し紛れの奇策に思われたが3着にまで押し上げた。レースレベルは甚だ疑問だがまだ走る気力は残っていたと見ていい。
このコースはGIじゃなければ走るので久々さえ苦にしなければ。
▲エーシンダックマン
デビューから一貫して逃げの戦法を取っており今回もなにがなんでもハナを主張しそう。この枠からだけに最後まで我慢できるか疑問ですが後ろの馬がなし崩しに脚を使わされる展開になれば。
△アポロフェニックス
除外のあとに3ヶ月ぶりになった前走は前に行ったもののズルズル失速。2着馬以外は差し馬が台頭したし仕方ないか。
中山1200が得意のコースだし父アフリートなら前走大敗を度外視して買ってみても。


チューリップ賞
◎ジョワドヴィーヴル
GI馬とは言えまだ2戦しかしていないので何とも言えませんが力があるのは間違いない。
やっぱり気になるのは福永で、いい加減ふざけた騎乗をするなら本番でアンカツにでも頼んで干すべき。
○ジェンティルドンナ
POGりんはどうも今シーズンに重賞を使ってくれそうな馬が見当たらないのでサラブレPOGの指名馬である彼女とその下の娘に頑張っていただきたい。
よく考えたらPOG期間内に重賞勝ち馬を2頭も持っていたのは初めてだな。
▲エピセアローム
阪神JF8着は久々だったのが災いしたと信じたい信じてる。できれば内枠から前に壁を作る感じで先行してほしかったがこの枠をどうするか。
POGりんで指名が被ると踏んで回避したけど頑張れば取れたよなぁ…(ウジウジ)。
△イントゥザストーム
ディープインパクト産駒にしては珍しく1200ばかりを使われた牝馬。母父ストームバードの方が強く出ているのかね?
いずれのレースも前から粘り強く押し切る競馬を試みているし1200の忙しい展開に慣れていれば重賞のペースにも戸惑わないだろうから3着までに。


阪急杯までの成績
【3/23 +239340円】


1Rを取れた!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク