パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(弥生賞&中日新聞杯)編

頑張れ明日のスターたち


去る人もいれば来る人もいる。
ということで今年も5人の新人騎手がデビューしました。中京では早くも中井騎手が初勝利を挙げるなど先々が楽しみなメンバーが揃ったと思います。
しかし、もし手元にレーシングプログラムがある方は分かりますが、新人騎手紹介ページの長岡クンの写真は他に無かったのか。どうしても笑ってしまう。顔が変とかではなく、こう…何というか…。


弥生賞
◎アダムスピーク
ラジオNIKKEI杯は前々から押し切る競馬でゴールドシップ以下を完封。個人的にはこれがディープインパクト産駒の正しい姿だと思うので中山の2000はベスト条件のはず。
おそらく内田が中団から差しの競馬を試しそうなので脚を余す危険性はあるがまともに走れば。
○アーデント
3ヶ月ぶりとなった京成杯はうまく流れに乗って傾れ込んだものの4着まで。ただOPクラスにメドを立てたし重賞2戦目ならさらに前進して良いはず。
横山典→藤田なのはやや気になるが。
▲エキストラランド
いかん!ディープ産駒ばっかりだ!
小倉のあすなろ賞で2勝目を挙げて中央場所というのはあまり過去に好走歴がないのだが小回りの2000で最後に坂があるかないかの違いなので外枠をうまく捌ければ。
△コスモオオゾラ
新馬戦は最低人気ながらアルフレードの4着。そこから中谷でOPクラスに上り詰めたのは立派の一言。
今回はコスモの主戦・柴田大に乗り替わりで新味を出せるか。しかし、この乗り替わりってプラスか?


中日新聞杯
◎コスモファントム
どう予想すればいいやら。
中日新聞杯連覇がかかる大一番なので頑張ってほしいものです。
○マイネルスターリー
着順の割に悪い競馬はしていないのに人気が落ちるのは早いこと。追い込みが決まるかは展開次第だが早めに仕掛ける馬が多いと漁夫の利を得られるかも。
▲スマートギア
休み明けから徐々に復調してようやく馬券圏内。前走から松山が継続騎乗で脚の使いどころを心得ただろうからもう一丁。
△コロンバスサークル
せっかく昨秋から調子を上げてきたのに体重を大幅に減らし立て直しに2戦を費やした。前走で再び感触は良くなったし52キロの軽量で一発。


チューリップ賞までの成績
【3/25 +234540円】


福笑いというか…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク