パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(産経大阪杯&ダービー卿CT編)

いや、ひどい


グリーンチャンネルが無料で放映してくれたのでドバイ国際競争を見ていましたが、いきなり競争不成立の大波乱。
まぁ、帯同馬の前座は最下位でも仕方ないとして何もできなかったドバイWC。スマートファルコンが挟まれて後方からになりアウト、トランセンドは昨年と同じようにはさせないとばかりに早めに潰されアウト、エイシンフラッシュは福永らしい可もなく不可もなく無難にレースに参加しただけ。
一番すごいと思ったのは中止と思われたドバイGCを最終レース後に施行したこと。日本じゃ考えられない。


産経大阪杯
◎ショウナンマイティ
休み明けの大阪城Sは先行勢が上位を占める中、最後方から飛んできてあわやの2着。最後の1ハロンが12.9掛かったとはいえ仕上がり途上でも健闘した。
今回はGIでも顔を合わせる可能性が高いメンバーが相手だが変に奇をてらわず後ろから。
○ナカヤマナイト
AJCCは思った以上にいい競馬で、勝ち馬がやや抜けていただけだった。中山から阪神に替わってどこまで走れるかだが海外遠征をこなした精神力があれば関西なんて近所の散歩距離だ。
▲ダンツホウテイ
やっぱりこの馬は2000以上のほうが良いのでは?母父はヌレイエフでもその次はミルリーフだし。
阪神は1600以下だとオープンクラスでは良績がないし相手は強くなるが無欲に攻めてくれたら。
△トーセンジョーダン
母父ノーザンテーストらしい成長力を見せてくれた昨秋。この血統だと一度本格化すれば持続しやすいので大崩れは考えにくい。
58キロは仕方ないし目標も先なので無理なく回ってくれば。


ダービー卿CT
◎スピードリッパー
オークス以降、あまり芳しくない成績が続いていますが調教師も使う距離を掴みあぐねている感じ。中山牝馬Sは休み明けで追い掛けた分、終いが甘くなっただけで放牧休養が良いほうに出たと思いたい。
○テイエムオオタカ
前走は半年ぶりに馬体重もプラス32キロと大幅に増やしたにもかかわらず粘って4着。これまで1200を中心に使われていますが中山1800でも逃げ切った経験があるので気分良く逃げたら。
▲ベルシャザール
菊花賞以来の競馬で57キロは見込まれた感じですが、血統もこれまで好走したレースもマイル要素の強いものばかりだしやっぱりマイラーなんだろう。久々なのでどこまで行けるかわからないが地力の高さで。
△ダイワファルコン
中山記念は勝ち馬と同じような位置から進めたが直線で失速。ジャングルポケット産駒らしい気難しさが出たか。
今回も押し出されたような1番人気でマークされる展開になるでしょうが、この枠からうまく立ち回れたら。


マーチSまでの成績
【5/38 +266960円】


寝れば良かった>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク