パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(NZT&阪神牝馬S編)

やったぜノーヒットノーラン!


マエケン!マエケン!
   ┌─┐  ┌─┐
   │C│  │C│
   └─┤  └─┤
  _   ∩  _  ∩
 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡
┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡
|C|  |C|
└─┘  └─┘


NZT
◎ヴィンテージイヤー
デビューからずっとダートを使われていましたがアーリントンCで芝に挑戦して5着。ダートでも1600で粘っていただけに切れ味勝負にならなければやれるはずなので中山なら。
○サドンストーム
ファルコンSは久々ながらうまく捌いて3着。朝日杯FS6着でこの路線を測るとまだまだ上位の部類。
それも含めて中山1600の重賞経験があるし力通りなら再び圏内まで。
▲オリービン
良くも悪くもダイワメジャー産駒はこういうGIでは一発のない善戦タイプが多くなりそう。後ろから行く競馬を試みていましたがやっぱり一瞬の脚よりダラッと脚を使う感じなのでこの枠からうまく傾れ込みたい。
△セイクレットレーヴ
休み明けの葉牡丹賞は大敗しましたがその後に連続連対。新馬戦でベストディールの5着だったわけだから不当人気か。
今回も引き続き横山典だし1800で勝ち鞍があるからこの血統でも1600は守備範囲のはず。


阪神牝馬S
◎スプリングサンダー
現状は阪神1400がベストの条件で前走も牡馬相手に好走して体調も良さそう。さすがに暖かくなってくると相手も強くなるが順調さで。
○レディアルバローザ
中山牝馬Sは今までにない逃げを打ち重賞制覇。展開に恵まれたとはいえ力が無いわけではないということは証明した。
今回は2ハロン短縮に前に行く馬がいるので前走のようにはいかないかもしれないが、こちらも阪神は得意なので。
▲フミノイマージン
前走は2歳時以来のマイル戦でしたが鋭く追い込んで4着。うまく折り合えば短距離でも脚を使えるところは見せた。
今回はさらに1ハロン短縮で位置取りが後ろすぎにならないか心配ですがペースが向けば。
△チャームポット
この兄弟は人気だと走らなくて人気薄だと走るのがキャラとして定着してるのか。OPクラスならいくら走っても人気にならない父と騎手なので忘れた頃にまた印を打つかも。


産経大阪杯までの成績
【5/40 +262160円】


相手がベイスでも良い>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク