パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(NHKマイルC&新潟大賞典編)

FF


広島県民的にはフラワーフェスティバルの略です。
昨日で終わったとはいえゴールデンウィーク最終日だし、まだまだ車が多いだろうから余裕を持って出掛けたら思いの外スイスイと高速道路を走ってしまい11時に集合なのに1時間も早く着いてしまった。


NHKマイルC
◎オリービン
ダイワメジャー産駒ながら後ろから斬れる脚を使うタイプで、東京でも勝負ができる切れ味はあるかも。ただ、好走したときは先行しているので勝ち負けするには作戦をしっかり統一する必要はあるが。
○ジャスタウェイ
新潟でのデビューから福永が手綱を取り、しばらく手替わりした後に再び戻ってきてから重賞勝ち。不良の東スポ杯と平坦の京都では負けたものの左回りと坂のあるコースに実績があるので一押しあれば。
▲マウントシャスタ
1番人気が本当に来ないのでまだまだ乗っかろうと思いますが、ギリギリまでカレンブラックヒルと争ったら嫌だなぁ…。
上はダート向きの馬ばかりですがディープのほうに似たなら安田記念の勝ち馬がいるわけだし条件も悪くないはず。
△レオアクティブ
6月デビューから短距離路線に絞って安定。1600に良績がないのが気になりますが、東京での走り方を見たら左回りのほうが合っているだろうから後ろからの展開次第。


新潟大賞典
◎ダンツホウテイ
産経大阪杯と中日新聞杯の差が激しくて、どちらが本来の姿なのか計りかねるのですが吉田豊が乗ったらまずまず前進できているので手綱に期待。
○ダノンスパシーバ
いつか重賞も取れると言われ続けてもう5歳。良くも悪くもフレンチデピュティの安定感と善戦タイプで突き抜けられないのが弱点ですが、条件時代に戦ってきた相手は重賞クラスなのでソロソロ。
▲ダノンバラード
休み明けから重賞で接戦を繰り返していて、さすがにクラシックで活躍を期待されていただけのことはある。
あまりディープ産駒がローカル重賞をバシッと勝つイメージはないが、ダンツフレームもこれを勝って安田記念に向かったのでそれもアリかな?
△ヒットザターゲット
連勝から重賞でも通用する兆しが見えてきて母父のタマモクロスらしい晩成型の血が開花してきたかも。開幕週でも逃げ馬が有利になりにくい新潟でも大外を回して届くような馬場ではないだろうからこの枠から抜け出せたら。


京都新聞杯までの成績
【6/56 +228060円】


割と時間にシビア>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク