パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

さぁ行こうPOG2012

今年の精鋭10頭


POGりんの備忘録もかねてご紹介。


×1位ディオジェーヌ牝(父ディープインパクト母フォーシンズ)重複負け
同じ種牡馬は選ばない主義なのになぜ1・2位がディープなのか?それは「この馬が欲しい」からではなく「一番欲しがられる」のはこの子だ、と思ったから。
POGりんのような変態ドラフト(誉め言葉)で無風を維持するには他人の1位と被らないようにする必要があるため、過去の指名馬を眺めながら「フフフ、おまえらはこういうオンナが好みなんやろ?」とかいやらしい笑みを浮かべて指名しました。ただ、9人重複は想定外。


2位サトノユニコーン牡(父ディープインパクト母シャイアーズエンデ)
ここからが本命。
ディープ産駒は牝馬が欲しかったが、残念ながら人気と血統の兼ね合いから見送ることに。そろそろサトノから大当たりが出ないものか。


3位母スープリムゴディス牡(父アグネスタキオン)
タキオン最終世代と言う事で人気の著しい集中を予想したが意外と少なくて肩透かし。まぁ名前も厩舎も決まってないタキオン産駒はかなり脚下に不安を感じるが血統的にはドンピシャなので無事にデビューしてほしい。


4位母マコトキンラン牡(父ジャングルポケット)
一発枠はジャングルポケット。
母父サンデーは周知の事実だが更に踏み込む必要があるのもまた事実。数ある中から当たりを引けるか、そもそも当たりがあるかわからないがもう少し優秀な後継が欲しいところ。


5位母ミスアルダント牡(父チチカステナンゴ)
中位は新種牡馬枠。
さっぱりわからんチチカステナンゴ。無難にトニービンの亜種と考えて母父サンデーに走ってみた。
だって芦毛でカロの直系と言われたらビワハヤヒデしか思いつかないし…。産駒実績がショボすぎて参考にならないのよ。


6位タイセイホーネット牡(父メイショウサムソン母ハニーハント)
さらに困った新種牡馬枠。
参考にするならテイエムオペラオーだがあれもハズレ臭が漂っていて参考にならない。繁殖牝馬のレベルも…ゲフンゲフン!
さすがにオペラオーよりは期待できそうだが。


7位アリオンバローズ牡(父ステイゴールド母ダンジグジョイ)
母父メジロマックイーンで母シャープキックを選ぶなんて恥ずかしすぎてできない。3冠馬に騙されがちだがステイゴールドは一か八かの種牡馬なので早めに使われそうなタイプを。


8位ウインドクラスト牝(父スペシャルウィーク母ウィンドサイレンス)
確定してから気付いたけど牝馬が1頭。いや、種牡馬を基準に考えるから子供の性別まで考えてなくて。
結局、後継が出そうに無いのも牝馬の活躍馬ばかりなんだろうな。


9位メイショウカミタカ牡(父シルバーチャーム母ディープスマート)
はい来ました、愛枠。
昨年は安田ろろ女史がシルバーチャーム産駒を指名されていてビクッとしたが、今年は一人だけ。とりあえずメイショウならデビューしてくれるかしら。


10位カシノランナウェイ牡(父マーベラスサンデー母カシノエスケイプ)
昨年から導入した九州産馬枠。
何というか、九州産を指名しようとグーグルで検索したら小田切ワオさんの「座布団が行司にクリーンヒット」ばかり検索結果に表示されて、一個人のブログが公式よりも目立つ辺りに九州馬産の厳しい現状が垣間見えます。


補欠繰り上げ1位キングスクルーザー牡(父クロフネ母フィールドサンデー)
せめてここに牝馬が来るように補欠順位を変えればよかったなぁ。調べた順番なのよ、正直な話。
母父サンデーまみれなのがいやらしい。


あとはあの神様のご加護があれば…!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

胴長ちゃんさぁ、この文章、うちのブログの例のヤツに転載してもいいかなぁ?
(業界人っぽい慣れなれしさをイメージして読んで下さい)
【2012/05/26 23:19】 URL | えふりん #-[ 編集]
えふりんさん
もう好きなだけ使ってちょんまげ。
【2012/05/27 06:36】 URL | 胴長熊猫 #CkdVqA2Q[ 編集]
加護があっても、ダービー勝っても、総合で勝てない。それがPOGりん・・・・・・!
【2012/06/02 07:37】 URL | せつな #e2xIBKiE[ 編集]
せつなさん
ハナ差の2位なら勝ったも同然。むしろダービー前時点での圧倒的な不利からあそこまで詰め寄ったのは御利益でしょう。ナムナム。
むしろ僕は、キーッ!ハブルバブルの弟!
【2012/06/02 10:09】 URL | 胴長熊猫 #CkdVqA2Q[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク