パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(帝王賞編)

激辛マニア


お酒の飲めないパーフェクト甘党で、ココイチでも2辛以上は食べられない味覚のくせにコンビニなどの新商品で激辛をウリにしているものを見つけるとフラフラ手を伸ばしては上から下から大変なことになります。カラムーチョがギリのライン、暴君ハバネロは完全アウト、ワサビーフがグレーゾーン。


帝王賞
◎エスポワールシチー
スマートファルコン、トランセンドの2頭にフリオーソまでいない今、この馬のハナを叩いて押し切る馬は見当たらない。スローになればなるほど捕まえられないしハイペースでも涼しい顔で逃げ切るので誰か鈴を付けてほしいが。
○ランフォルセ
かしわ記念は507キロと最近でも最高馬体重。昨年の今頃は480キロ台で走っていたわけだからかなり太いことがわかる。
今回は恐らく二桁マイナス馬体重で、何も知らない人間なら「体調不良」と勘違いしてくれるだろうから人気が落ちることを祈る。
▲テスタマッタ
脚質が差しタイプだけに小回り平坦な地方重賞だと届かないことはよくある。東京大賞典のように先行できないこともないが、逆転を考えたら前崩れを信じてマクって行くしかない。
△オオエライジン
過去10回でその年のフェブラリーS勝ち馬が参戦したのは4回で、そのすべてで地方馬が1頭は馬券に絡んでいる。ただ、4頭とも交流重賞勝利か中央オープンで3着以内があるので今回は合致する馬がいない状況。
しかし、ここを中央馬にしてしまうとトリガミ必至なので中央1000万クラスで頭打ちのトーセンルーチェよりはまだ上がり目があるような気がするこちらに。


宝塚記念までの成績
【7/73 +347640円】


カラシとラー油も苦手>胴長熊猫
よし、獲っていてもトリガミだから百歩譲って引き分け(笑)
12Rを1・4・5・14の三連単ボックスが少し悔しい。単騎逃げが見込めそうな8は外すべきではなかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク