パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ラジオNIKKEI賞&CBC賞編)

マヨマニア


帝王賞の記事で冒頭の挨拶に使った激辛マニアは同名のスナック菓子があるらしくコンビニで探してみたら本当にあった。だがパッケージからして「食べたらどうなるかわかってるだろうな?」的なオーラをビンビン感じたので隣にあったマヨマニアに逃げるチキンぶり。


ラジオNIKKEI賞
◎ロードアクレイム
ディープインパクト×レディパステルという東京ご用達のような血統ながら、控えると弾けず先行するとしぶとい個人的に思う本来のディープ産駒らしい馬。マウントシャスタやトーセンホマレボシにあわやの競馬が出来ているので来年の安田記念に間に合えば。
○サンレイレーザー
前走は古馬相手に1番人気で横綱相撲。クラシックでも期待されたリフトザウイングスをまったく問題にしなかったのは3歳世代のレベルが高いという事か。福島1800は淀みなく緩急がきついレースになるのでレースペースに対応できれば。
▲クリールカイザー
プリンシパルSは切れ味のあるタイプの馬に出し抜かれたものの、500万では早めの勝負から粘り込む脚を見せていて今のところは中山>東京なのだろう。当日の馬場状態がどちらに転ぶか次第だがこの系統なら道悪でもこなすはず。
△ビービージャパン
この馬がブービー人気か。
逃げるメイショウカドマツとの兼ね合いが気になるが、重賞で勝てる可能性を残している馬に乗った藤岡佑は玉砕逃げを打てる度胸がないしハナを譲ることになるだろうから田中博がスイスイ行ってくれたら。


CBC賞
◎マジンプロスパー
中央再転入してから露骨なテレンコ状態が続いていて今回は来る番。アドマイヤコジーン産駒で開幕週の高速馬場は気になるところですが浜中がこちらを選んだなら自信を持って先行してほしい。
○ダッシャーゴーゴー
GIに手が届きそうで届かないレースが多く降着も2回記録。GⅢレベルを簡単に勝つと思えば人気でアッサリ沈むこともあり非常に悩ましい馬なのが問題。
59キロは決して楽な斤量ではないがこなせないこともないだろうから。
▲スプリングサンダー
クロフネ牝馬にしては珍しく芝1200は3歳春の500万での1勝しかない。
マイルをこなせたのが古馬になるにつれてスプリンターにシフトするのはよくあることなので、1400でも走れるスタミナを活かして1200路線の上昇馬になってほしいが。
△ドラゴンファング
このところ長期休養があって順調に使えていなかったが、休む前はキンシャサノキセキと戦える力を持っていた。全5勝中4勝が東京1400の典型的なサウスポーでハンデ戦なのに55キロはやや見込まれたが叩いた効果があれば。


帝王賞までの成績
【7/74 +345240円】


もう少し濃くても良い>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク