パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(レパードS&小倉記念編)

メメタァ


ローラーに挟まっていたゴミを払おうと手を伸ばしたところ丸太が流れてきてドグチャと人差し指を潰される。あまり痛くなかったので心配する周囲をよそに「別にいけますよー」と手袋を外したら血がドバーと出てきて笑った!


レパードS
◎イジゲン
芝を使ったのは新馬戦だけですぐにダートに矛先を変えて派手な未勝利勝ち。端午Sは下がる展開になって負けたものの前走を見るかぎり力負けではない。
エンパイアメーカーにカポウティでシアトルスルーなら広いコースで叩き合いにならなければ。
○フリートストリート
JDDでは久々に加えて3コーナーからのマクリ差しに巻き込まれて大敗。休み明けが息を入れられないのは苦しかったはず。叩き2走目でどこまで復調しているかだが人気馬が後ろでモタモタしてくれたら。
▲タマブラックホール
こちらは休み明けになりますが500万勝ちの2着はNHKマイルCにも出走したガンジス。短距離とはいえOPクラスのスピードは見受けられるし父ブラックタキシードなら1800は普通に守備範囲のはず。
△ナムラビクター
メンバーの中でも数少ない古馬相手に1000万を勝っている馬で、未勝利は追い込み競馬で突破しましたが徐々に前で競馬が出来るようになったのは好材料。あとは人気で怪しい和田が新潟でどう乗るか。


小倉記念
◎ニシノメイゲツ
2歳時にポンポンと勝ち上がった後は長らく不振に喘いでいましたが母父シャーペンアップ系のダイイシスらしいといえばらしい。それがここへ来て重賞で好走したのは父デュランダルの影響が出てきたか。乱戦になるほうが良さそうなので仕掛け遅れは避けたい。
○ダノンバラード
重賞で今一歩の状態が続くなかで前走しっかり1600万を勝てたのは良かった。これまで戦ってきた相手が違うので使い詰めなのが気になるが秋に向けて連対以上がほしい。
▲ゲシュタルト
最近はなぜか綺麗な競馬をやろうと好位から進める中途半端なレースぶり。マンハッタンカフェ産駒にはやや強引な作戦のほうが合うだろうから新人に乗り替わりは一か八か的にはアリかもしれない。昨冬の中日新聞杯(小倉開催)で適性はあるだろうから一発頭まで。
△エクスペディション
昨年の小倉開催で頭角を現しながら重賞では人気を背負って考え過ぎたような内容。今回も3番人気ですが上2頭とは少し開いている感じなので多少は余計な力は抜けるはず。


クイーンSまでの成績
【8/84 +347400円】


あ、やっぱ痛いわ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク