パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(オールカマー&神戸新聞杯編)

効果の程や如何に


皮膚科へ行ったときにもらった軟膏を塗り塗りしていたら成分表のところに「ステロイド系」。
ということは、これを使い続けていたらバリー・ボンズのようなマッチョメンに…。いかん!禁止薬物違反でWBCへの出場が!


オールカマー
◎ナカヤマナイト
宝塚記念では勝ち馬と同じような位置から競馬をしたものの勝負所で反応が遅れて大敗した。本来は先行しても問題ない馬なので柴田善がどちらの作戦で行くかが見所。
○コスモファントム
逃げても番手でも競馬ができる馬ですが常に目標にされることが多くマクって来る展開になると脆さが出てしまう。今回は逃げ馬がいるので前を見ながら追走できるから今までやられたことをやり返したい。
▲ダイワファルコン
ジャングルポケット産駒には珍しい中山>東京というタイプでOPに上がってからは傾向も顕著に。ただ、中山なら何でも良いというわけではなく気難しい部分が出ることも多いので北村宏がどう乗るか。
△ユニバーサルバンク
3歳春までは重賞でも上位でしたが、その後は少し順調さを欠いて四苦八苦した。ここへ来て復調の兆しが見えたので再び休み明けになりますが天皇賞・秋路線に踏みとどまるためにもここで賞金を増やしておきたい。


神戸新聞杯
◎ゴールドシップ
皐月賞があまりにうまく行きすぎたのでダービーは危ないと危惧したとおり正攻法で行って届かなかった。それでも後方待機していた馬の中で一番の脚を使っていた辺りは流石だし、これくらいのメンバーなら仕上がり途上でも負けられない。
○ベールドインパクト
ダービーではゴールドシップやワールドエースらと同じような競馬をして仕掛けが遅れて9着まで。追い込み不利の展開では致し方がない。
一息入れて復帰戦だが阪神での勝ち鞍があり先週も権利を取らせた四位が今週もやるのではないか。
▲マウントシャスタ
宝塚記念は無謀と思っていたが見せ場たっぷりの5着に粘り込み世代の強さを印象付けた。それにしても人気になりすぎている気がするがゴールドシップが後方でモタモタしたら先行押し切りも。
△カポーティスター
ここまで目立つ存在ではなかったが新緑賞での脚は際立っていて青葉賞こそ力を発揮できませんでしたが、ハマれば前走のような小回りにも対応できるのでトライアル向きの血統カポゥティらしさでこっそり。


セントライト記念までの成績
【8/101 +307600円】


オリンピックにも出れない!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク