パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(マイルCS南部杯&京都大賞典編)

のわあぁぁぁ!


2着かぁ~!
正直、持ったままでフォルスストレートを抜けて外から抜群の手応えで上がっていったときは「あ、勝ったわ」とか思ったし、残り200の地点では大差圧勝も考えたが…。
何より負けた相手がペリエってのが痛いよなぁ。や~め~ろ~よ~。


マイルCS南部杯
◎エスポワールシチー
エルムSではローマンレジェンドとの叩き合いの末2着に破れたものの、まだまだこの路線でも戦える闘志が見えた。すでに勝負付けが済んだ相手ばかりだしハナを叩けるような逃げ馬も見当たらないので。
○アドマイヤロイヤル
数少ない新興勢力でもっと早くダート転向していれば出世も早かっただろう。交流重賞初挑戦だが逃げ馬がワンツーした前走で唯一、中団から差してきたし具合の良い今なら。
▲ナムラタイタン
彗星のごとくダート短距離に現れてGIでもと言われながらはや6歳。昨年の武蔵野S勝ちの時の鞍上・熊沢に手を戻してきて厩舎としても最大のチャンスと見ているのだろう。
盛岡のダートは極端な前残りになることも少なくないので早めに動いてプレッシャーをかけたい。
△ダイショウジェット
今年に入ってからなぜか好調を持続して勝ち鞍こそないが衰えを見せない脚がある。昨年は東京開催だったが5着、中央場所でも戦えているのでコッソリ抜け出してほしい。


京都大賞典
◎ギュスターヴクライ
阪神大賞典はオルフェーヴルの自滅のおかげだと思ったが天皇賞春でもしっかり走って掲示板は確保。GⅡにしてはしょっぱいメンバーだし普通に走れば上位争い。
○メイショウカンパク
グラスワンダーらしい安定しない中距離型で重賞でも展開や馬場ではなく気分が乗ったときだけ走るような感じか。距離を延ばしたほうがいいのか悪いのかわかりにくいが人気の時に買うような馬ではないので。
▲フミノイマージン
札幌記念はビックリのマクリ脚で堂々勝利。できれば天皇賞・秋にダイレクトで行ってほしかったが仕方ない。
牝馬がこのレースに出ることが少ないのでサンプルがあまりないが早い上がりは使えるので前崩れになってくれたら。
△オウケンブルースリ
最近は思うような成績を残せていないがダイヤモンドSは行った行ったで後方まま、阪神大賞典は道悪を動いていって失速と敗因がないわけではない。順調な馬が少ないメンバー構成で相性のいいレースなので復活の狼煙を上げられるか。


毎日王冠までの成績
【10/107 +343170円】


ダビスタみたいな負け方>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク