パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(秋華賞&東京HJ編)

ドンドン


朝から太鼓の音が響いていて何事かと思ったら近所のお祭りが最盛期を迎えているみたい。出店の食品は値段の割に合わない気がするのに買いたくなるのは日本人の性なんだろうか。
家の周りも観光バスがやたらに多くて「そんなにか?」いや、こっちはタライうどんフェスタだ!


秋華賞
◎ジェンティルドンナ
何とか重箱の隅を突きたいところだがローズSを見るかぎり四つ相撲をしたら負けることはないだろう。過去、トリプルティアラに失敗した2冠馬も大敗した馬はいないし馬券的には3着だと嬉しいレベル。
○ヴィルシーナ
レッドディザイアのせいで簡単に切れなくなった前走2着馬。京都はやや外が伸びるようになったがまだまだ内を掬う馬が台頭するので内田博には腹を括ってインコースをピッタリ回してきてほしい。
▲キャトルフィーユ
前走は久々で相手も強かったが最後まで頑張り通して4着。春のあっけなさは無くなってしぶとさを身に付けた感じ。
メンバー強化でどこまで太刀打ちできるかわからないが前走以上を期待。
△ラスヴェンチュラス
休み明けは馬体重が大幅に増えて成長分かと思ったらここ2走で春の数字に戻してきてまたコンパクトになっちゃった。上位とはやや力の開きがあるような気がするが関西遠征に定評のある池上…じゃなくて小島茂厩舎なら本番でこそ狙ってみたい。


東京HJ
◎マジェスティバイオ
思えば昨年の東京ジャンプSを皮きりにGIまで上り詰めたわけで、オペラハウス産駒らしい晩成型の血が開花するタイミングだったのだろう。この系統は一度強くなると憎らしいくらい上位に居座るので目標は暮れの中山だろうが今回も勝ち負けまで。
○デンコウオクトパス
最初はスピードの違いでビュンビュン飛ばしても振り切れたが、さすがに重賞クラスになると逃げてアッサリとは行かないもの。ここ2走も競りかけられると脆さを露呈した。
今回も同型が多く、厳しい展開が予想されるが将来を考えたらこのメンバーで好勝負できないと先は見えてる。
▲ヴァンダライズ
小倉サマーJは無念の落馬。重賞でどれだけやれるか楽しみだっただけに手合せできなかったのは痛い。
その前回とは比べ物にならないメンバー構成だがダンスインザダーク産駒なら小回りより広いコースが合うだろうから改めて。
△スナークスペイン
7ヶ月ぶりになるが休む前に戦ってきた相手が軒並み重賞好走レベルの馬ばかりなのに、見た目の印象の悪さもあって評価もイマイチ。平地時代に少しお世話になったので休み明けを克服して馬券に絡んでほしい。


府中牝馬Sまでの成績
【12/109 +472270円】


たこ焼きとモツ煮の朝飯>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク