パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(アルテミスS編)

おこた出勤


連日の寒さに耐えかねて例年よりも早めにこたつ様がお目見えしました。夏にクーラーが効いた部屋に入るよりも冬にぬくぬくのこたつに入るほうが幸せ度が高いような気がするのだがあれは何だろう。
真夏のかき氷も割と終盤は飽きやすい。


アルテミスS
◎ネロディアマンテ
サフラン賞では流れに乗っていたものの4角で下げる不利を受けながら巻き返して3着。この時期の牝馬らしからぬ根性の持ち主のようだ。
第一回のレースだけに適性やデータがないので難しいがGⅢクラスの1600と考えたらシンボリクリスエス辺りがお似合いじゃないか。
○テンシンランマン
新潟の新馬戦ではいちょうSでも2着だったサトノノブレスと接戦をしており、キチッと絞れた前走は牡馬相手でも順当勝ちと言ったところか。逃げた経験があるが1800なのでマイル特有のテンに付いていけるかが課題ですが逆にポンと行けたら押し切れるだけの力はあると思う。
▲バリローチェ
人脈を増やしすぎて手詰まり感があった角居厩舎ですが今年はスッキリ仕上がった馬が多い印象。
新馬戦はありがちなスローを1頭だけ段違いの末脚でまとめる派手な勝ち方。こういうタイプは食わせものか大物か判断が難しいところですが岩田がコレクターアイテムを蹴ったならこちらで。
△ビリオネア
りんどう賞は後ろから伸びてきたものの3着まで。どうしても前残りになりやすい2歳戦は差し馬に不利になりやすい。今回も後ろからになりそうだが母タフネススターも後方一気の直線勝負でならした馬だし届かなかったらごめんなさいで。


天皇賞・秋までの成績
【12/115 +457870円】


でもおやつにアイス>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク