パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(阪神JF&カペラS編)

うっかり


連日の寒さのおかげで快眠続きだったのですが、そいつが仇となって大幅なお寝坊。
だいたいウインズ高松まで1時間半くらいかかるから1Rに間に合うように8時には家を出ているのが本日は起きたら9時前。メインに間に合えば問題はないのだろうけど何か自分の中で朝一からいないとリズムに乗れないそんなルール。


阪神JF
◎サンブルエミューズ
津村て…ステキやん。関西GIで岩田も空いてるのにテン乗りで津村を乗せる根性は見事。
評判牡馬相手をなで切った芙蓉Sを考えたら牝馬相手にGIでもヒケは取らないだろうからあとは乗り方次第。
○アユサン
アルテミスSは最速の上がりで飛び込んできたがさすがに後ろすぎた。でもスタートがもっさりでどのみち後ろからになるだろうから大外枠でも位置取りは同じか。
これで結果を出せば来年はアルテミスSの出走馬が凄まじい数になるんだろうな…。
▲ローブティサージュ
最近シルクの馬は冠を付けなくなったんだね。何で?ネタ切れ?
牝馬ながら1800でデビューして距離短縮でファンタジーS。もう一つ狙いどころがわからないがある程度は長い方がいいタイプだろうか。
△メイショウマンボ
近年は新馬や未勝利を勝ち上がった馬でも割とこのレースで好走することが多く、育成牧場などの技術向上が著しいということか。
1400でテンが速くても中団で折り合えたし似たような展開になりやすい阪神1600ならコッソリ馬券圏内まで。


カペラS
◎ティアップワイルド
1年に1度だけのお楽しみ。
中山ダートを走るのは知っていても関西遠征で骨っぽいところを相手に押し切っていて順調そのもの。昔ほどではないにしても有利な外枠。ちょっと揃いすぎた気がするけど条件は良いはず。
○エーシンウェズン
この血統で芝を使うのはアフリートと一緒で1000万クラスまで。やっぱりダートに戻って安定してきた。
馬体重が戻った前走といい夏場は苦手なのかもしれないし多少、湿り気のある馬場のほうがいいかも。
▲セイクリムズン
地方交流重賞組は中央に帰ってきたときにどれだけできるか測りづらいのが難点。とりあえず前に行く脚は衰えていないのでさほど心配しなくてもいいだろうが、兵庫ゴールドTのほうが良かったのでは…。
△マルカバッケン
どんな相手でも関東でも関西でも2~6着に収まる堅実タイプで本来のデピュティミニスター系らしい成績。重賞でもその能力をいかんなく発揮してくれれば掲示板の上の方まで顔を出してくれるのでは。


朝日CCまでの成績
【12/135 +409870円】


会社に遅刻するよりいいか>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク