パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(京都牝馬S編)

難しい関係


胴長「あれ、T先輩は休み?」
班長「身内の不幸があったってさ」
胴長「へぇ、どの親戚の方が?」
班長「えーと…お姉さんの嫁さん」
胴長「??」
班長「あ、ゴメン。お姉さんの旦那さんの嫁さん」
胴長「????」
班長「あれ?」


京都牝馬S
◎エーシンメンフィス
愛知杯は展開に恵まれたとはいえこれまでのレースぶりからは想像できない粘り腰。メダグリアドーロはサドラーズウェルズ系だし無理にでも飛ばしていくほうが良さそう。
Aコース3週目でだいぶ差しも見られるが、スタミナなら負けないだろうから先手必勝。
○クィーンズバーン
休み明けからの2戦はいいところがなかったが、2走前はGI級で前走は2ハロン目から11秒台の続く息の入らない展開。絞り切れない馬体では厳しかったか。
今回は馬体さえ出来ていれば阪神1400でも逃げ切れる力はあるのでどこまで粘れるか。
▲ベストクルーズ
新春Sは先行馬が掲示板を占める中、上がり最速タイの末脚で3着。かなり復調してきた。
次の開催以降、前有利の馬場で差し届かなかった馬がどれだけ馬券になるのか計るためにも中途半端な競馬はしてほしくない。
△エーシンリターンズ
デビューから連続好走が少ない気まぐれやさんで二桁着順からでも平気で頭まで突っ込んでくる。
脚質は比較的前からだが、この枠に入ったからには何かしら工夫が必要。妙な事をさせたら関西でも指折りの曲者、和田なら。


日経新春杯までの成績
【0/5 ‐12000円】


誰なんだ…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク