パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(AJCC&東海S編)

TRRR…


カチャ
胴長「はい…?」
班長「いやー昨日のようやくわかったわ!」
胴長「はぁ…?」
班長「嫁さんのお姉さんの旦那さんだった!」
胴長「へぇ…」
班長「じゃあね!」
カチャ


AJCC
◎ルルーシュ
有馬記念は大外枠て横山典もバクチに打って出たが惨敗。結果的に控えたほうがチャンスがあったのが悲しい。
年も明けて仕切り直し。アルゼンチン共和国杯組は高レベルの一戦だったと思うし、相手も恵まれたので騎手がバカしなければ。
○マルカボルト
前走は完璧なレース運びだったと見えたが最後の最後で差し切られた。ヴィクトワールピサの中山記念でコンマ6秒差だったりとこのコースは得意なので好調な今なら一角崩し。
▲ダノンバラード
北村友もあんな騎乗してたら降ろされても文句言えない。
人気こそ水を空けられているが、他の上位勢とは戦ってきた相手が違う。日本参戦2年目でコツをつかみはじめたベリーが変化を見せるか。
△ゲシュタルト
5ヶ月半ぶりですがこれまで重賞で好走したときはいずれも少頭数で半端な距離。今回は休み明けに目をつぶれば条件だけは揃ったので久々を苦にしなければ多少は。


東海S
◎グランドシチー
フェアウェルSを勝っての挑戦は昨年と同じだが、その間に交流重賞やエルムSで見せ場を作っていて勢いは昨年以上。キングカメハメハ産駒だがシチーの馬らしい長く走りながら力を付けた印象でソロソロ中央場所への階段を登りたい。
○ホッコータルマエ
JDDは何だったのかと思わせるような秋の善戦で世代を代表するダート馬になった。ただ勝てたわけではないし、実力が上がったわけでもないので、周りが引退したから順番が回ってきたと言われないためにも淡泊な競馬はしたくない。
▲ソリタリーキング
ここ2戦のせいですっかり人気を落としてしまいましたが、日本テレビ盃は相手が楽すぎたし、JBCが本来の位置付け、JCダートはあまり得意ではない深い砂。
本質は芝でもやれる血統だからダートはあくまで軽い方がベター。枠順の関係で砂をかぶるだろうから嫌がって走る気を削がれなければ。
△ミラクルレジェンド
この馬がこちらに出てきたの、えふりんさんはほくそ笑んでるだろうなぁ。
地方周りをしている馬の宿命で、斤量ばかり増えていって使うところが減るのは仕方ないが一線級の馬が出てこないなら前進も可能では。


京都牝馬Sまでの成績
【0/6 ‐14400円】


今朝、3時のこと>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク