パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(根岸S&シルクロードS編)

ピタゴラ残虐スイッチ


作業中、良品と不良品を分けるベルトの真ん中に商品が挟まったので取り除こうと力一杯引き抜いたら、挟まったのではなく隙間に落ちていただけだったのでスポーンと抜けた拍子に宙に浮き、不良品側のコロにケツから落ちてズルズルと下ってベルトコンベアに運ばれコンテナに不良品と一緒にIN。


根岸S
◎メイショウマシュウ
休み明けだった神無月Sを除けば安定して終いの脚を使えるタイプで、トシキャンディがハイペースの逃げに打って出れば再び楽な展開も。
有力どころが内枠に集まったのでうまく捌いてくれるか。
○エーシンウェズン
昨春からダートに替わって結果が出たが、父トリッピはエンドスウィープだから遅すぎたくらい。
東京1400にも実績はあるが最内枠で先行するか差しに回るか作戦が難しいところ。
▲ダイショウジェット
しぶとい…!
いつまで現役なんだと思っていたがまだ走る。前走も勝負所から追っ付け通しだったが2着まで押し上げて健在をアピール。この舞台は本来なら得意にしていたので番狂わせまで。
△タイセイレジェンド
久々に加えて59キロに騎手も乗り替わり。マイナス材料ばかりだが条件戦からOPを勝ったばかりのポッと出が1番人気てのはおかしくないか?
昨年のこのレースでも差し馬が上位を占める中、逃げて4着に粘っていたし前を見ながら強気の競馬をしたら簡単にはタレないと思うが。


シルクロードS
◎サドンストーム
散々、不公平な馬場に泣かされてきたがBコースに替われば上がりもかかるので今度こそ届くか。
そろそろ馬場の恩恵を受けた単純な逃げ馬たちがバカを見る番じゃないかと。
○ドリームバレンチノ
完全に不利だった外枠のキーンランドCをうまく隠れ蓑にしてスプリンターズSで穴を開けた。それ以来になるのでGIを前にしてどれくらい真面目に仕上げたのか測りにくいが劣化タイキシャトルのロージズインメイなら休み明けはむしろ走りそうだが。
▲メイショウデイム
3歳春に一度、芝で頭打ちになって古馬になってから再び1200で復活するのはマンハッタンカフェ産駒スプリンターにはよくあること。要は時計勝負には向かないからNHKマイルの頃の東京・京都では論外になるだけ。
今の時計が掛かりだした芝なら前走のように内側をスルスル捌ければもう一丁があっても。
△ニシノビークイック
京都金杯は何もできなかったが京都Aコースでの差し馬の負けはすべてノーカウント。
2歳~3歳春にヴィルシーナやカレンブラックヒルと接戦を演じていた力を見ればGⅢくらいならもう少しやれてもいい。


京成杯までの成績
【0/9 ‐21600円】


天井を見上げて笑った!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク