パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(東京新聞杯&きさらぎ賞編)

アンカツ引退


だいぶ前から騎乗数が減っていたので薄々ソロソロかな…と思っていたが、やっぱり復帰はできなかったか。
岡部さんも復帰したあとはかなり苦戦しているように見えたし、若いときと同じように乗れなくなるとイメージとのギャップに苦しむのかなぁ。
個人的にはまとめ勝ちするタイプの騎手だったので取捨が楽だった印象がある。ヤリヤラズなんて言い方もあるが、決め打ちして乗るから馬場と馬の相性が合うか合わないかを見極めたら邪推するほど怪しくはないと思うがどうか。


東京新聞杯
◎クラレント
夏を過ぎてから身が入るダンスインザダーク産駒らしくマイルを中心に力を見せはじめた。東京1600はGI馬も出ているようにエンジンの掛けやすい長い直線のほうがいいのかも。
あまりアベレージ型の血統ではないのでポカもありそうだが。
○ダイワマッジョーレ
中山金杯は4コーナーで下がってしまい掲示板を確保するのが精一杯。スムーズなら馬券圏内まであったような気はする。
矢作厩舎は栗東所属だがなぜか東京での成績がやたら良くて、もう美浦に移籍すればいいのに。
▲インプレスウィナー
ここしばらくでも好走したのは東京ばかりの典型的なサウスポー。ベストは1400のように思うが京王杯SCのようなGIの前哨戦レベルでも食い込んで行けるので無欲で直線勝負。
△マウントシャスタ
宝塚記念5着がフロックではなかったのを証明した秋競馬だったが、勝つまでには至らずもどかしいレースが続いた。菊花賞を見たら京都記念でも良かったと思うが日本の競馬に慣れてきたビュイックだと無難に走らせそう。


きさらぎ賞
◎バッドボーイ
なぜ勝浦…?
それまで差し・追い込み脚質だったがラジオNIKKEI杯では逃げに回って最後まで踏ん張った。
今回も少頭数で超スローになりそうだし同じような展開になれば。
○ラストインパクト
前走は野元騎手に惜別の勝利を送りたかったが逃げ切りを許した。それでも2戦目も先行してしぶとい伸びがあって我慢比べなら負けない。
あとは中途半端な騎乗が下手な池添だけに差しを試そうとか余計な考えを起こさなければ。
▲マズルファイヤー
6月にデビューしたが勝ち上がりは先月。ホワイトマズル産駒だしお利口な競馬より自分から動く激しい競馬のほうがいいだろう。
バッドボーイとの兼ね合いがカギになるがガンガン飛ばして行って粘りこめるか。
△アドマイヤドバイ
ラジオNIKKEI杯は参考外として福寿草特別の脚を見ていたらアドマイヤムーン産駒はダートに絞ればもっといい成績が残せるのでは…?
現役時代のイメージよりもエンドスウィープ産駒と考えたらスイープトウショウみたいな腹を括る追い込みが合ってる気がするけどなぁ。


川崎記念までの成績
【1/12 ‐27850円】


体型維持が大変だろうよ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク