パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(クイーンC編)

戸崎、そして岡田


アンカツと入れ替わるように入ってくる地方の雄。まさかJRA、補充…?
まぁ冗談はさておき昨今の外人ブームに地方出身者ブームは止まるところをしらないが、中央の騎手も厳しい手順を経て騎手になったわけだから4人の新人にはこれらの猛者どもを向こうに回す活躍をしてほしいものです。


クイーンC
◎イリュミナンス
フェアリーSはいいポジションで競馬をしていたがペースアップでスムーズさを欠いて下がったのがすべて。展開が向いた馬たちが上位だったしノーカウントでいい。
福永への乗り替わりは不安材料だがGIへの道程を考えたらこの程度の騎手変更は試練に変えなければ。
○オーキッドレイ
菜の花賞は大外枠からさらに大外をブン回して5着。いくらなんでもあそこから差し切ったら化け物。
仕切り直しの今回も8枠だが揉まれて嫌気をさすくらいなら外のほうがいいし、中山よりは届きやすいはず。
▲コレクターアイテム
阪神JFは思ったほど伸びなかったが、間隙を突いて…というタイプではないのかも。桜花賞よりもオークスというなら1キロ重い斤量を背負うが広いコースで狙っていきたい。
△ジーニマジック
重賞のアルテミスSは馬場を考慮して逃げを打ったがハイペースを誘発してしまい惨敗。ただ、前走はしっかり前で折り合って3着を確保。
デビュー戦でも人気を背負った素質馬だし、見限るのは早計では。


東京新聞杯までの成績
【1/14 ‐32650円】


岡田の柴山・鷹野臭がハンパない>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク