パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(共同通信杯&京都記念編)

ほほぅ


CSで自転車のレース(競輪じゃない)をやっていたのでボケーと見てたら「なんか競馬の障害レースみたいだな…」と。
アナ「イタリアの競馬場をコースにして開催…」
胴長「ファッ!?」


共同通信杯
◎ゴットフリート
朝日杯FSまで血統的な面からか地味な人気だったが新潟では32秒台の上がり、中山でも器用に捌いて抜け出して3着。意外とやるのかローエングリン。
それを考えたらシングスピールにとって東京1800は一番の舞台だと思うのでもう一丁。
○メイケイペガスター
無理やりマクったテイエムイナズマと先行勢が頑張ったデイリー杯2歳Sは参考外。若駒Sも追い込み不利の馬場状態とスローな流れを最後方から突っ込んで2着なら同じような展開になりそうな今回も届かないだろうか。
▲ケイアイチョウサン
延期になった京成杯を中団マクリで見せ場たっぷりの3着。近年のステイゴールド旋風は凄まじい。
このコースは未勝利で経験済みだし長く脚を使えるのは強みなのでスローでも三浦がしっかり追ってくれれば。
△クロスボウ
外枠ばっかりじゃないか!(憤慨)
父ゴールドアリュールだから早くユニコーンSの切符を手に入れてほしいが、クラシックのトライアルまでが芝での消費期限なのでそこまでは買ってみる。


京都記念
◎カポーティスター
日経新春杯は内枠を利してスルスルと抜け出し重賞制覇。馬場も味方して押し切った印象。
前回よりもかなり相手は強化されたが大半は休み明けで目標が先にある馬ばかりなので前走をフロック視されている間に買いたい。
○ベールドインパクト
春先からイマイチ乗り切れていなかったがようやくOPクラスを勝利して一皮剥けたか。
このコースは京都新聞杯で2着に入っているし本格化の兆しが見えた今ならもう少しやれても。
▲ビートブラック
昨秋は京都大賞典がケチの付け初めで体勢を整えるのにアルゼンチン共和国杯→JC→有馬記念はちょっと苦しすぎるローテ。やっぱり天皇賞春の勲章が邪魔をする。
ただ、有馬記念を見るかぎりだいぶ良くなってきたような気がするので人気馬が後ろでチンタラしてたら逃げ切りも。
△サクラアルディード
サクラプレジデントの下で期待されていたがデビューが遅れたのがあって目立つ存在ではなかった。レースを選びながら勝ち上がってきた印象は拭えないがいきなり強敵にぶつけてきたのはそれなりに自信があるのだろう。
少頭数の上がり勝負を得意にしているから位置取りがうまくいけば追うほどに伸びると思うがどうか。


クイーンCまでの成績
【1/15 ‐35450円】


ゴルフ場でやることもあるそうな>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク