パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(中山記念&阪急杯編)

春まだ遠く


部屋からだと朝日が差し込んでいい天気だったので「いっちょ布団でも干してやるか」と担いでベランダのドアを開けたら、ただならぬ強風に煽られてまさにふとんがふっとんだ。
ダジャレ共々、寒さが身に染みる朝。


中山記念
◎ダノンバラード
AJCCでは極端な戦法を捨てて真っ向勝負の正攻法で快勝。金鯱賞は論外としてディープインパクトの幻影に惑わされていない外人騎手の強みも出た。
外人騎手は引き続き騎乗すると手の内に入れた馬は軽々と持ってくる傾向があるので連チャンを警戒。
○タッチミーノット
ダンスインザダーク産駒にしては珍しく、先行して粘りこむ形で安定感が増した。
8枠だが横山典は前が有利だと涼しい顔をして追い込み馬を逃げの作戦に変更する大胆さがあるので変に枠を気にしすぎないほうがいいかも。
▲リアルインパクト
前走は馬体重がプラス20キロ。馬体重に関して陣営もどの辺りがベストなのか計りかねているのか。
とりあえずこれまで重賞で好走したときはいずれも人気が4番人気以下の時なので信用されていないほうが気楽でいいのかも。
△ダイワファルコン
いくら中山が得意といってもさすがに有馬記念は厳しかった。結果的に後ろから行った馬が上位だったし展開も向かなかった。
今年は休み明けでの参戦だが体調よりもペースが大事なのでシルポートがどれくらいのペースで逃げてくれるか。


阪急杯
◎ロードカナロア
てっきりドバイへ直行すると思ってたのに国内専念なのね。芝1200は世界的にレースは多いが賞金がしょっぱいのが難点。
今回は1ハロン延長がカギになりますが枠もいいところを引いたし普通に走れば勝ち負け。
○ブライトライン
昨春はGI2連戦とキツイ条件が重なったが、秋からはしっかりレースを経験してメドは立った。
少しずつ上位との差も縮まってきているしGIを勝って勢いに乗る浜中騎手がうまく乗ってくれれば。
▲クィーンズバーン
休み明けは仕方ないとして京都牝馬Sではグリーンベルトが無くなって差し馬が台頭する中、逃げて4着に踏ん張った。
阪神1400は昨年の阪神牝馬Sを勝った舞台だし相手は強くなるがコースの相性の良さを活かせれば。
△レオアクティブ
毎度いい脚を使って追い込んで来るがいかんせん展開頼みなので掲示板の下の方が精一杯という印象。このクラスで安定した成績を残すなら工夫が必要。
横山典→藤田に乗り替わりでどんな新味が出てくるかだが、藤田も腹を括って最後方になりそうで。


アーリントンCまでの成績
【1/21 ‐49850円】


寒風とともに去りぬ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク