パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(オーシャンS&チューリップ賞編)

春一番


なんだコノヤロー(顎をしゃくれさせつつ)
さて、お馴染みのボケも済んだところで。
四国地方に春一番が吹きましたなんてニュースが流れて、確かに風が生ぬるいなぁなんて思ってたら土砂降りの春の嵐に変わって「どこが春だ!」と半切れで機械の修理をする平和な棚卸し。


オーシャンS
◎ダッシャーゴーゴー
毎年このレースは多士済々の難解なものになるのだが、エアポケットのように既存勢力と新興勢力の間に微妙な空間ができてしまいレベルが測りにくい。
1番人気ではあるが休み明けのパフォーマンスを見たら衰えは感じさせないし、とりあえず本命。
○サクラアドニス
いつからサクラプレジデントはスプリンター種牡馬になったんだ?
追い込み一手だったのが先行を覚えて勝ち上がれるようになり中山でも1分7秒台での勝ち鞍もあって時計勝負になっても見劣らない。あとはクラスが上がるごとに先行ができなくなっているので外枠からだからかぶされる前に出していきたい。
▲サドンストーム
グリーンベルトの餌食になった京都開催は仕方ないとしてもやっぱり後ろから行って届かなかったらごめんなさいは体に悪い。
とはいえ、中団あたりから構えて今までのような脚を繰り出せるか分からないので俺が買うと来ない津村に何ができるか。
△ケイアイアストン
前走は着順こそ悪いが着差は僅か。もともと好走したときは番手の競馬をしていたし少し気合いを付けて行く方がいいのかも。
重賞ではことごとく弾かれているが最後に勝利を挙げたのがこのコースだし最低人気だから気楽に回ってくれば。


チューリップ賞
◎ウリウリ
変則的なレースになった白菊賞を除けば常にメンバー最速の上がりを使える切れ味型で、権利欲しさに前々で勝負する馬が増えれば前崩れの可能性も上がる。
気になるところは名前。牝馬で「うりうり~」とかエロすぎ(病気)
○ローブティサージュ
阪神JFは内埒沿いをうまく捌いて抜け出した味のある勝ち方。もう一回やれと言われてもなかなかできない。
ウォーエンブレムは繊細な産駒が多くて一度でも精神的ダメージを受ける敗戦をするとズルズル落ちていくので休み明けでもきっちり連対したい。
▲レッドオーヴァル
やっぱり考えることはみんな同じか。阪神JFが圧倒的な力での快勝ではなかったから目新しい馬を探すだろうと思っていたがこちらが一番人気とは。
今回は1ハロン延長が課題になるが新馬戦で負けたスズノネイロがすぐOPクラスに勝ち上がったしまだ壁になるようなことはないと思うが。
△プリンセスジャック
重賞での2戦は人気ほど走らなかったが阪神JFは3コーナーで下げて外を回す間に勝ち馬は内へ潜り込んでいて騎手の腕が露骨に出た。
松山に手が替わってどうかだが母のゴールデンジャックもトライアルホースだったしここまでなら期待しても。


中山記念までの成績
【1/23 ‐54650円】


大概、ネジを無くす>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク