パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(中山牝馬S&フィリーズレビュー編)

球春到来


また今年も草野球のシーズンがやってまいりました。さっそく今週、来週と2連戦。
WBCのお陰で野球熱が上がりっぱなしのため早くプレーしたくてウズウズしてるところですが、三十路を前にして腕が上がらなかったり太ももが上がらなかったりと怠惰にかまけた体は悲しいほど正直なのだ。


中山牝馬S
◎ダイワズーム
昨年のスイートピーS以降、強敵相手とはいえ大体1秒以内の競馬を続けていて大敗ではないが善戦でもなく評価の難しい馬。
小倉大賞典も出入りの激しい競馬の中、上がったり下がったりしながら伸びようとしていたしスムーズならもう少しやれても。
○サンシャイン
ぶっつけだった秋華賞でコンマ4秒差に粘り、前走の愛知杯も番手から長くいい脚を使って2着。だいぶ復調の兆しが見えてきたし先行タイプなのでまたスローな流れになれば再現も。
テン乗りの藤岡康がやや気がかりだが今のウチパクよりはマシか?
▲アカンサス
OPクラスに定着してからは重賞での好走は一度だけ。三浦も前から行く競馬を試してみたりしているがなかなか結果には結び付かない。
ただ、このコースは1600万時代に勝ち上がった舞台だし調子が悪いというわけではなさそうだから展開一つ。
△メイショウデイム
休み明けから芝に戻って馬がガラッと変わった。これまでは1200を中心に使われているがマンハッタンカフェ×ヘクタープロテクターなら中山1800はピッタリだし短距離で付いていけるならペースに戸惑うことはないだろうから息が持てば。


フィリーズレビュー
◎サンブルエミューズ
津村に乗り替わりだった阪神JFは論外として、前走のフェアリーSが僅差の3着。勝ったクラウンロゼがアネモネSも制したしレベルは低くはなかった。
輸送も課題だが祖母がキョウエイマーチだから相性は良さそうだし人気だが本命に。
○サウンドリアーナ
阪神JFは不可解な敗戦だったが大敗したのが1600だけだから単に距離が長かったと考えてもいい。うまく立て直してくればメンバー唯一の重賞ウィナーだしここは相手に恵まれたと言えるがどうか。
▲ナンシーシャイン
ここまであまり目立つ存在ではなかったが重賞でも掲示板、自己条件でも上がり最速で来たり逃げて粘ったりと作戦の幅は広く見た目以上に器用みたい。
最内枠に入ったので大野がどちらの作戦に打って出るか。
△シーブリーズライフ
新馬戦を勝ったあとはピリッとしない競馬ばかりだったが、1200を使って気合いが入ったのか牡馬混合のOPを勝利。朝日杯FS5着のティーハーフをしのぐ末脚は見所十分だった。
1400で8枠はあまり嬉しい条件ではないが前走くらいやれればここでも馬券圏内。


中日新聞杯までの成績
【1/28 ‐66650円】


バット重いねん>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク