パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ニュージーランドT&阪神牝馬S編)

いろいろ変わる


先日は新入社員の話題でしたが、今度は工場長も新しくなるということで社内も一気に慌ただしく。
これまでは作りおきにすると劣化するからあまり大量には作らず少量多品種で商品を作っていましたが、それだと定番商品に大量発注があったときに納期が守れず販売チャンスを逃すと工場のキャパ全開で回せる体勢を取るとのこと。
海外で工場長もやった手腕に早くも戦々恐々の年配社員一同。


ニュージーランドT
◎ゴットフリート
朝日杯FS組が軒並み年明けから好走を続けていてこの馬も共同通信杯2着。
中山適性は証明済みでメンバーもたいして変わらない今回はかなりチャンス。あとは最内枠をうまく捌いてこれるか。
○プリムラブルガリス
昨年末は少しもっさりとした脚ばかりだったが、フレンチデピュティ産駒だから本質的にはダート向きなのかも。
それだけに東京よりもパワーのいる中山の方が良さそうだしデムーロ兄におまかせで。
▲マイネルホウオウ
中山で連勝していたが前走のスプリングSは人気薄。それを嘲笑うように3着で皐月賞の権利を手に入れたが現実的にこちらへ。
脚質的に流れには注文が付くが隣に速い馬がいるし淀みない展開になれば一発まで。
△モグモグパクパク
1200で良績を残していたので距離延長にはやや不安を感じていたが前走もうまく伸びてきて4着。勝ち馬とは通ったところの差が出た感じ。
さらに1ハロン延長だが同世代相手ならまだごまかせそうなので再度蓄めていければ。


阪神牝馬S
◎ハナズゴール
1番人気には鬼門の重賞なのだが京都牝馬Sの内容は秀逸。阪神1400で同じ競馬ができるとは思わないが今のところ1600ながら阪神コースは負けていないし順当なら。
○イチオクノホシ
桜花賞のあと自己条件に戻って足踏みするのはクラシックを走った馬にありがちな展開だが、差しがハマらなかったり上がり勝負だったりして勝ち上がれないだけで力負けしているわけではない。
休み明けも3着だったが久々を考えたら走ったほうだし一つ叩いて上昇できれば。
▲フミノイマージン
休み明けの中山牝馬Sは馬体重もマイナス10キロでマクリ気味に勝負したが最後に止まってしまった。
もともと終いに賭ける追い込み馬なので人気の有無は関係ないし、むしろ見た目の悪さで落ちているほうが狙いたい。
△マルセリーナ
何か桜花賞の幻影に捕われすぎて最後方から無茶な追い込みをブッ込んで来るが、そもそもそんな戦法がいつでもうまくいくほうがおかしい。
先行が合わないのはわかっているが、この枠で下げたらとてもではないが捌ける展開は見えてこないので川田がどう乗るか。


産経大阪杯までの成績
【1/40 ‐95450円】


社内平均年齢が40代後半>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク