パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(桜花賞編)

百姓


苗取りしてたら遅れた。
ジェニュインならブチ切れて暴れるレベルの強風。


桜花賞
◎トーセンソレイユ
メンバー・馬場どちらを考えても難解な一戦で、普通に波乱ムード。
2戦2勝で前走がエルフィンSというのはレッドディザイアと同じで、トライアルが軒並み低調だったのを加味すれば別路線組に目が行くのも仕方ない。
○アユサン
それまでの追い込み一辺倒からある程度、前に付けて追走する形でも結果が出たのは収穫。当日の馬場状態によって作戦を変えられるし、真ん中辺りの枠に入れたのでどちらに偏っても対応できるのは強み。
母父もストームキャットだから渋ったほうが良さそうだが。
▲メイショウマンボ
川田に乗っ取られたと思ったけど乗鞍が戻ってきて良かったね幸四郎。メイショウの馬主じゃなけりゃ間違いなく川田だ。
大外枠になったし腹を括って後方から負けたら引退するくらいの気持ちで追いなさい。
△ナンシーシャイン
逃げても差しても掲示板を外さない根性娘。ロサードのクラウンロゼが取り上げられているがこっちだってブラックタキシード。
昔、桜花賞と言えばダートで勝ち上がった馬が走るなんて言われていたし今年の馬場なら久しぶりにその法則が当てはまっても。


阪神牝馬Sまでの成績
【1/42 ‐100250円】


月末は田植え>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク