パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(皐月賞編)

リズム


工場内は機械音が激しいしみんな耳栓をしているため声で会話をするのが困難なのでハンドサインで意志疎通を取るのです。しかし目が合わなければいけないので相手が気付いていないときは金槌などで機械を軽く叩き高音で気付かせる。
大抵「カンカン!」とすばやく2回叩くのですが、一人の先輩は「カーン…カーン…」とゆっくり叩いてそれでも相手が気付いていないときは「カンカンカンカン!」と連打するので打鐘が鳴ってラスト一周の気分で仕事のスピードが一時的に早まります。


皐月賞
◎ロゴタイプ
朝日杯FSからの距離延長が注目されたスプリングSだったがメンバーを考慮しても楽に勝ちすぎていて問題なさそう。まぁローエングリンは父シングスピールだからむしろ2400くらいがベストのような気がするが。
先週、弟にやられて期するものがありそうなので鞍上も含めて評価。
○カミノタサハラ
ホープフルSで負けて東京で巻き返したから弥生賞4着→青葉賞1着→ダービー2着みたいな青写真を勝手に描いていたがしぶとく粘って弥生賞勝利。何だかんだディープ産駒はクラシックに間に合いやがる。
蛯名も牡馬でGIを勝ったのはマツリダゴッホまで遡るし、そろそろ長く付き合える相棒が欲しい。
▲コディーノ
なぜかこれまで走ったレースは必ず道中で下がる展開に巻き込まれる不思議な馬。横山典が内で我慢させるのを覚えさせてるからか単に運が悪いのか。
今回は外枠に入ったから今までのように挟まれる不利はないだろうが、外を回した安全運転で届くのか不安。
△クラウンレガーロ
若葉Sは厳しいレースになりながら盛り返して2着に滑り込み。展開を考えたら終始スムーズだった勝ち馬よりも評価できる。
小倉2歳S2着もあるがグラスワンダー産駒は気分さえ良ければ3000も1200も同じなのでむしろテンに置いていかれないスピードがあるのは魅力。


中山GJまでの成績
【1/45 ‐109850円】


精確さ?知らん>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク