パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(京都新聞杯編)

有意義な使い方


ゴールデンウィークっても土日は競馬としてそれ以外に用事なんてねーよ。なんて言ってたらマジで左手を友に4日間過ごすことになるのでこれじゃイカン!と重い腰を上げて何かないかと考えた結果。
・最近、反応が悪くなったIHクッキングヒーターと炊き込みご飯のやりすぎで臭いの取れなくなった炊飯器を買い替える。
・田植えの時に足を滑らせて股が裂けたズボンとたんぼに突っ込んでズルズルになった靴を新調する。
・買おうと思ってたマンガ2冊をいい加減、買う。
意外に色々と見つかった挙げ句、実行したら2万円もかからず「なんだ、競馬で負けるのと大差ねぇじゃん」と呟いたところで「毎週、同じ額を浪費するならこちらのほうが心と生活の豊かさを向上できるのでは…?」なんて…!


京都新聞杯
◎キズナ
不本意な仕上がりだった弥生賞から立て直した毎日杯は相手が楽だったとはいえ完勝。本番を考えたら賞金は足りているわけだから青葉賞のほうが…。
まぁこちらを選んだからにはあまり下手な競馬はしたくない。
○マズルファイヤー
出遅れた皐月賞だったが思いの外、競馬ができていて作戦の幅が広がるいい機会だったかも。
今回は内枠に入ったので恐らく先手を主張するだろうが番手からでも行けるような気がする。
▲リグヴェーダ
きさらぎ賞で「早くダートへ行けよ…」なんて思ってたら前走はむちゃくちゃな競馬で差し切り。適性がわからん。
最終的にはダートかもしれないがヴァーミリアンやゴールドアリュールもこの時期までは芝で頑張っていたし最後の印。
△ペプチドアマゾン
名前は牝馬っぽいが牡馬なのね。
先行では煮え切らない競馬が続いていたが前走は後方からマクリ気味に上がっていって差し切り。2400のドスローでも我慢をできたのは収穫。
相手は強化されたが母系は昨年のトーセンホマレボシに近いし再び折り合ってくれたら。


天皇賞・春までの成績
【1/51 ‐124250円】


だが競馬はやめない>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク