パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(東京優駿&目黒記念編)

前置きなんかいらないぜ


東京優駿
1枠1番
◎キズナ
京都新聞杯はかなり恵まれたメンバーを考慮しても圧勝で、本番の舞台を見据えるよりも弥生賞の敗戦を払拭して気持ち良く競馬をさせたい陣営の思惑が見て取れた。
新馬戦から強い相手とやり合っているしレベル自体も低くはない。あとは鞍上が武豊なのでピンかパァか腹を括って。
1枠2番
コディーノ
朝日杯FSからもどかしい競馬が続いていて、いい競馬はするが勝つには到らないのが気に入らないのかウィリアムズにスイッチ。藤沢和らしい外人頼みだが乗り替わりでダービーを勝った馬は長らく出ておらず、このレースに限って言えば勝負を捨てたと考えてもいい。
2枠3番
アポロソニック
ビッグブラウン産駒ながら芝に替わって逃げるようになってからしぶとさを発揮するようになり前走の青葉賞で距離も克服。
今回も行くだろうが同型がいるうえにスローに落とすと野心のあるマクリ型が潰しにくるので簡単にはいかないだろう。
2枠4番
クラウンレガーロ
皐月賞はかなりいい雰囲気で直線を向いてひょっとしたら!と思わせたがそこから伸びず。現状ではあれが精一杯か。
グラスワンダーなのでこのあと夏競馬に人気で出てきてもすぐに飛び付かず、差しが届く馬場で人気が落ちたら狙うのがベター。
3枠5番
メイケイペガスター
持っているエンジンはなかなかのサイズなのだがいかんせん暴発気味なので扱いが難しい。
父フジキセキだから気が付いたら短距離にシフトしてそうな気がする。
3枠6番
ラブリーデイ
京王杯2歳Sまでは順調だったがレースを使うたびに馬体重が少しずつ減り続けていて着順も悪くなっているのは気がかり。
生涯一度の舞台だから出たくなる気持ちもわかるが金子さんも出たらよいというレベルの馬主じゃないし体勢を整えさせたほうがいいのでは。
4枠7番
ヒラボクディープ
青葉賞の勝ち馬だが個人的にヒラボクの馬と相性が悪いのでうーん…。
軽視して2年連続で2着に来ているのでどうするか悩みどころだが逃げ馬が残るスローを番手から押し切る競馬だったし上がり勝負になると苦しいと思うのだが。
4枠8番
○ロゴタイプ
周囲は距離不安を囁いていましたがサドラーズウェルズの系統でマイラーだったローエングリンが異常なだけ(つーか外国馬だからマイル路線しかなかっただけでは?)
むしろ距離に関しては菊花賞くらいがベストだと考えているので不安はないが、先程も触れた乗り替わりによるダービー制覇がないことだが兄弟ならアリかなぁ…?
5枠9番
エピファネイア
誰もが勝ちたいと願うレースであるダービー。どれだけGIを勝っていてもここを勝てなければ本当の一流ではない。だからこそ柴田政も河内も鬼になった。
昨年も1番人気で飛ばした福永だが本物になれるかは直線でどれだけ気持ちを出せるか。
5枠10番
△タマモホットプレイ
走るたびに難癖を付けては評価を低くしていたがロゴタイプよりこの馬のほうが2000は厳しいと思ってたのに和田が真っ向勝負で5着。明らかに兄貴たちより融通が効く。
もっとも2400が得意な条件とは思わないし、坂下から駆け上がるスタミナがあるか分からないが人気もないし狙っても。
6枠11番
テイエムイナズマ
デイリー杯2歳Sの勝ち方を見たときは「やべぇな」と思ったが色々な意味でやばかった。
むちゃくちゃな競馬のほうが合っているだろうから向正面マクリ直線先頭みたいな戦法がみたいな。
6枠12番
サムソンズプライド
2歳戦のころはメイショウサムソン産駒がダービーに進めるなんて思わなかったが間に合う馬がいてよかった。テイエムオペラオーがあの体たらくだから…。
スローの逃げが身上だがスタミナはメンバー随一だろうし展開なんか気にせずオラオラ行ってほしい。
7枠13番
▲マイネルホウオウ
NHKマイルCはアッと驚く後方一気。乾坤一擲の騎乗で男泣きに泣いた柴田大が印象的だった。
てっきり安田記念へ向かうと思ったがこちらに回ってきてスズカフェニックス産駒というのもあり距離が敵になりそうだがGIの東京1600を勝てる馬はそもそも2000以上も問題ないから面白いはず。
7枠14番
アクションスター
未勝利を勝ってすぐから重賞に挑戦して京成杯は見せ場たっぷりの2着だったがその後は頭打ちになっていきちょっと現状では厳しい感じ。
アグネスタキオン産駒だから変に夏を使うよりは条件馬の身でも秋まで休んで菊花賞トライアルから始動したほうがいいと思うが。
7枠15番
フラムドグロワール
朝日杯FSまでは一線級の扱いだったが徐々にボロが出だして京成杯で完全に底が割れた感じだった。
それが休み明けでNHKマイルCで3着に来るわけだから競馬はよくわからないもの。母はシルクプリマドンナだし2400は気にならないだろうが。
8枠16番
ペプチドアマゾン
アグネスタキオン産駒にしては距離を延ばしながら成績が上向く珍しい馬。ただスローすぎるのは苦手である程度、自分から動くほうがいいタイプ。
その意味ではダービー向きの馬なのだが京都新聞杯を見るかぎりちょっと差があるような気がして。北海道シリーズの2600で見てみたい。
8枠17番
レッドレイヴン
休み明けの前走は人気になっていたが惨敗。やっぱり展開が向かなかったとはいえ血統的にも2400向きじゃないし苦しかった。
それでも出てきたわけだがどちらかというとエプソムCか夏の新潟辺りが狙い目だと思う。
8枠18番
ミヤジタイガ
皐月賞では穴馬に指名していた人をチラホラ見かけたがすぐに手のひらをひっくり返す人気の大暴落。
さらに乗り替わりでこの大外枠という三十苦だが見せ場くらいは作ってもおかしくない血統構成ではある。どこで前を意識していくかがポイント。


京都ハイジャンプまでの成績
【2/60 ‐145200円】


目黒記念は続きを読むに>胴長熊猫
おまけ


目黒記念
◎タッチミーノット
ここ2走は展開不向き。得意条件で能力全開。
○デスペラード
人気落ちすぎ。天皇賞春は後ろすぎた、好位からならまだ見限れない。
▲ノーステア
東京向きの長い脚は証明済み。逃げ馬も多いしうまくハマれば頭まで。
△コスモロビン
休み明けでもしっかり走った前走。実力は重賞級だから誰も見てないうちが花。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク