パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

省みない

POGりん新シーズン


原点に立ち返る10頭!


1位ターキーの11牝(父ディープインパクト)
種牡馬は1種類ずつの予定だったが昨今の情勢を鑑みて牡牝1頭ずつは仕方ないところ。


2位スクービドゥの11牡(父ディープインパクト)
そんなこと言ってたらこの馬が生産牧場のリストから消えているという情報が…。早くも全馬デビューは消えたっぽい。


3位サウンズオブアース牡(ネオユニヴァース×ファーストバイオリン)
最初は7位のサリレモンドが謎男氏と被るかもしれないということでいたが、評判を見るとこちらのほうが誰かとかぶりそうだったので引き上げた。実際被ったが10位だったから問題なかったな。


4位コスモナーダム牡(マツリダゴッホ×メアリーポート)
中位は昨年同様に新種牡馬枠。ディープスカイと迷ったがあまり評判が良くなさそうなのでこちらで。
ナーダムって何?と調べたらモンゴルのお祭りだそうな。へー。


5位ジェネラリッシモ牡(コマンズ×トリート)
こちらもコンデュイットとの二拓だったがダルシャーンとデインヒルならこっちかなと。
タイプはわかりにくいがたぶん短距離兼用型じゃないかと。


6位マヤノビジューの11牡(父ケイムホーム)
懲りずに九州産を指名。今年も小田切ワオさんの座布団が行司にクリーンヒットにお世話になりました。
しかし二本柳厩舎で小倉に来るかな…?


7位サリレモンド牡(Speightstown×GallileoFigaro)
今回から地方交流重賞がポイント対象になったので外国産馬も狙ってみた。
ただこれはサラブレにも載ってたから取れなかったらいいや程度だったが単独指名。地味だけどゴーンウエストの系統なんだが。


8位ペネトレーション牡(ジャングルポケット×テイクワンズアイ)
昨シーズン騙されたジャンポケだが須田さんが今シーズンのジャンポケはいい感じと言っていたので方向転換。名前が決まってたらデビューくらいはしてくれるだろという打算。


9位ローゼクヴァルツ牝(スペシャルウィーク×ヴィアンローズ)
これもスペシャルウィークはいいよって言っていたのを鵜呑み。今のところ牝馬に活躍馬が偏っているから指名も牝馬。


10位プラウドビューティの11牝(父ゼンノロブロイ)
ここをシルバーチャームにしないのにかなり労力を要したよ!
昨シーズンはシンボリクリスエスが推されていたが今シーズンはゼンノロブロイか。あまり気乗りはしないけどウェーブには乗っておこうかと。


代替馬ルールなくなったからな…(焦り)>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク