パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(エプソムC&マーメイドS編)

処理


先月に新調したIHクッキングヒーターと炊飯器を資源ゴミに出してやろうと引っ張りだしていたら過去に捨てようと思っていたPCモニタや電気あんかやらがわらわら出てきてアレもコレもと固めたら捨てるものだけで一部屋分くらいできてしまい「引っ越しか疎開やな…」とつぶやくのだった。


エプソムC
◎クラレント
安田記念を目指していたが除外対象。GⅢ2勝しているのに寂しいのぉ。
マイラーズCは着順ほど差があったわけではないし得意の東京なら1ハロン延長でも克服可能。1600~2000はライバルが多いから秋に向けても賞金が欲しい。
○アドマイヤタイシ
もうホント呆れるほどの安定感というか詰めの甘さというか。
競馬場・距離を問わず走っているがシングスピールなら東京1800はベスト条件だと思っているので一押しあれば。
▲リルダヴァル
何度もGI戦線に乗りそうで乗れないもどかしい競馬が続いていたがOP特別なら大将格。とにかく気難しいのか重賞になると思ったような走りができていないのでうまくウィリアムズがやる気を引き出してくれれば。
△ファイナルフォーム
関西遠征ではなかなか結果が出ない中で阪神Cでようやく3着でマイル路線でのメドを立てたと思ったらマイラーズCはうーん。
とりあえず勝ち上がった東京に戻ってきたしラジオNIKKEI賞勝ちがあるなら距離もいけるはず。


マーメイドS
◎ピクシープリンセス
ディープ牝馬ながら1800以下は不振で2400では牡馬を圧倒するほどのスタミナの持ち主。グチャグチャ馬場のエリザベス女王杯を見ての通り時計が掛かる道悪も気にしない。
前が残りそうで差しも決まる今の芝なら最後の最後に突っ込んでくるかも。
○マイファーストラブ
昨冬に1000万に上がってから2・4・4・4・4・5着というコマンダーインチーフらしい煮え切らなさ。何とか工夫しようとしている気配は感じられるが現状は後方から気ままに直線勝負が合うみたい。
こういうのは緩い条件戦より厳しい流れの重賞のほうが気合いが入って良さそうなので流れが向けば。
▲エーシンメンフィス
逃げ馬だったが京都牝馬Sでいきなり追い込みに脚質変換して、ヴィクトリアMでも後方から脚を伸ばしていた。川須がどちらの作戦を取るのか気になるところ。
逃げそうな馬は揃ったがスローに落としたいタイプの逃げ馬ばかりなので今回は思い切って行ってみても面白いと思うが。
△ピュアブリーゼ
オークス以降、精彩を欠いていたがこの休み明けから復調してきたのか福島牝馬S3着でパールSも4着だが差し馬が上位を占める中で唯一、先行から粘っていた。
前に行くタイプだがガンガン逃げる馬ではないので周りがどんな展開にするかがカギ。


安田記念までの成績
【2/64 ‐154800円】


冷蔵庫か洗濯機を買い替えたい>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク