パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ユニコーンS&函館SS編)

雨上がり


昨日が雨だったからある程度、覚悟していたが濡れたグラウンドが乾いてきたときの湿度はサウナなんか目じゃねぇ。
そんな草野球の外野。


ユニコーンS
◎ベストウォーリア
前走の兵庫チャンピオンシップは勝ち馬をスイスイ逃がしてしまい1秒差を付けられたが2着は確保。もう少し鈴を付ける展開にしたかった。
父はエーピーインディ×シーキングザゴールドだし東京ダ1600あたりがベストっぽいのでGⅢでも。
○エーシンレンジャー
今年は初顔のマル外が多く出走していて、この馬も父はスモークグラッケンでミスタープロスペクター系。OPでは2走ともやや水を空けられたがこの系統にしては大敗をしないタイプなので相手なりに。
▲サウンドトゥルー
500万を勝ち上がったばかりだがダート路線で頑張っている連中とも対戦があり急にメンバー強化されたわけにならないのが強みになる。負けたレースでは真ん中より後ろからの位置取りになったときなので差し馬とはいえあまり後ろ過ぎないポジションで競馬をしたい。
△サマリーズ
昨年の全日本2歳優駿勝ち馬だが芝に挑戦して2戦連続シンガリ負け。UAEダービーはケイアイレオーネよりお前が行くべきじゃね?
ダートに帰ってきてどうかだが芝スタートにやる気を削がれなければ。


函館SS
◎ドリームバレンチノ
高松宮記念は王者ロードカナロアと一騎打ちまで行きたかったがまだ一歩足りなかった。安田記念を制したので秋は流動的だろうが少なくともスプリンターズSには出てくるだろうからここらで取りこぼすわけにはいかない。
○フォーエバーマーク
昨夏に函館で2勝を挙げてOPに再昇格。オーシャンSは歯が立たなかったがそれを見てここに照準を絞った感じ。
無理をせず使ってきているので調子をうまく合わせていれば。
▲テイエムオオタカ
安田記念は逃げるというより前で流れに乗ろうとしていた感じで、結果には繋がらなかったが距離の融通が利いたのは収穫だったかも。
本来の得意な前が残りやすい開幕週、直線平坦の1200というベスト条件なのでガツガツしない松岡だけに前々で勝負できるか。
△シュプリームギフト
牡馬相手でもいい競馬はできるけどなかなか勝ち切るには何か武器がないと難しい。前でも後ろからでも攻める器用さはあるだけに一工夫ほしいが。


エプソムCまでの成績
【2/66 ‐159600円】


何もしてないのに汗が吹き出す>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク