パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(帝王賞編)

ゲームだからこそ


飽きずにウイポをシコシコ進めていて「ダビスタみたいにスティールハート産駒が天皇賞春を勝つとかないからなー」と苦手な4000m級GIを長距離適性の高い種牡馬で狙っていたが勝てず、短距離と思っていたダイタクヤマト産駒で仕留めてしまったときの脱力感。


帝王賞
◎ニホンピロアワーズ
ある意味、近年の中で一番のメンバーが揃った帝王賞だと思う。
上がり馬が出やすい短距離芝と中距離ダート路線だが中央場所で既存と新勢力を59キロで連続連対できるのは本格化の好調ぶりを持続できている証。外から周りを見ながら進められるしスタミナ比べに負けない血統なら2つ目のGIも。
○ホッコータルマエ
昨年のJDDでは5着に敗れたがそこからは夏を越えて上昇一途。前走でかしわ記念も制して充実期に入ったのだろう。
今回はさらにメンバーが強化されたのと2回目の大井のダートが気掛かりだが今の力なら。
▲ローマンレジェンド
休み明けの前走はいかにも叩き台という感じで反応も今一つだった。スペシャルウィークだし1600も短かっただろう。
一つ使ったことで上向いてきているだろうが強烈な逃げ馬がいない今回は今までのように前を可愛がりすぎると3コーナーで押して押しての展開にもなりかねないので早めに前を捕まえに行きたい。
△ワンダーアキュート
とうとう和田を降ろしたがそれで替わるのが武豊というのが終わった感がして何だかなぁ。
安定感は買えるが正直な話、四位よりはマシかなってだけ。地方交流重賞で中途半端な馬に乗ると中途半端なことしかできないから嫌い。


宝塚記念までの成績
【3/70 ‐145780円】


母父オペラオーだけどさぁ…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク