パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(七夕賞&プロキオンS編)

もう限界


暑い
というか熱い
蒸す
クーラー様、出番です。


七夕賞
◎マイネルラクリマ
長期休養明けの惨敗は仕方ないがそこから今までの走りを取り戻した。
チーフベアハート産駒が京都得意なのは有名だが、福島でも速い上がりを使えているし開催2週目に移行した今回でも対応できるのでは。
○ダコール
一言でディープインパクト産駒と言っても中央場所で上がり勝負タイプからローカル大将みたいな馬まで出ていて、スプリンターやステイヤーみたいなスペシャリストが出ないのが最後の良心か。
▲モンテエン
このところ順調に使えておらず半年置きに飛び飛びで出走となっているが内容はそんなに酷いものではないし、先週さすがの騎乗をした横山典騎手に2週連続で乗っかってみる。
△トシザマキ
準OPを勝つまでは勢いがあったが一頓挫あって順調さを欠いた。東京の上がり勝負、牡馬相手のGⅡはさすがに敷居が高すぎたし中山牝馬Sも展開不向き、上位人気に癖のある馬が揃ったなら万が一も。


プロキオンS
◎アドマイヤサガス
好調馬が揃いやすい夏場のGⅢとして定着しつつあり帝王賞を使わない短距離路線でメンバーは強力。
人気馬は後方待機かあまりガリガリ逃げる性格の騎手ではないので自然と先行するタイプのこの馬に展開利も。
○シルクフォーチュン
芝路線に挑戦したが勝つまでには到らず。ブロードアピールみたい。
ダートに帰ってきたが追い込み脚質に内枠でうまく捌いてこれるか。
▲ガンジス
ネオユニヴァース産駒だが戦績は完全に母のジュメイラビーチ似。フェブラリーS挑戦はまだ力不足だったかもしれないが今後に何度も対戦する事になるであろうメンバーばかりなので変な競馬はしたくない。
△アドマイヤロイヤル
OP特別では強さを見せるのに重賞になると詰めの甘さを露呈する。崩れないだけに突き抜けるには一工夫ほしいが。
四位よりは福永が良かったかなぁ…。


CBC賞までの成績
【4/73 ‐149130円】


やむを得ない>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク