パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(新潟2歳S&キーンランドC編)

久々に雨


中止~
稲刈り中止~
ウインズ行こ~


新潟2歳S
◎マイネグラティア
ダリア賞はほとんど最後方からいい脚で飛び込んできたがわずかに届かず。ただ内容は勝ちに等しかったと言えそう。
ネオユニ牝馬はあまり活躍馬がいないし母系がブロードブラッシュなのが少し気になるが。
○イスラボニータ
調教のような新馬戦を我慢して折り合ったのはこの時期の牡馬にしては上出来。少し間隔が空いたが今後も増えそうな東京新馬戦組を来年以降どう扱うかの物差しになりそう。
▲ウインフェニックス
スズカフェニックス×アグネスデジタルなのに1600の新馬戦2着から福島1800の未勝利に転戦して勝ち上がり。その未勝利もテンに置いていかれながらマクリをカマしてくるという破天荒なもの。
切れ味では分が悪いので先行勢がチンタラしてたら一マクリで乱戦になってくれれば。
△マーブルカテドラル
新馬戦は牝馬限定の1400ながら中だるみしたペースだったがうまく逃げ馬の後ろから抜け出す正攻法。母のヘルスウォールも早い時期から結果を出していたし子供も繋げるか。


キーンランドC
◎ストレイトガール
函館1200ばかりを使い続けて4連勝。その前の2着も大外枠が響いただけで具合はかなり良さそう。
いよいよ重賞戦線なのでいきなりどこまで通用するかだがこういう夏に急上昇した牝馬には逆らわないほうがいいので。
○フォーエバーマーク
アイビスSDはハクサンムーンにサッと抜け出されて後塵を拝したが時計の速い新潟で波に乗れたのは収穫。
再び函館に戻って条件は好転したしいい枠にも入れたのでうまく先手を取れれば。
▲レオンビスティー
昨年も北海道シリーズに参戦したが重賞ではいいところなく敗退。一年越しの北海道だがやっぱり時計の掛かる洋芝が合うのかも。
格好をつけた競馬だと伸びきれないので強引にでもポジションを取りにいって楽な競馬をしたいが。
△ストークアンドレイ
新旧函館2歳S勝ち馬対決がここで実現!
しかしあそこで4着だったロゴタイプがあんなに強くなるなんて誰が予想しただろう。それを含めて先着した意地を見せてほしい。


エルムSまでの成績
【5/87 ‐166990円】


おみやげ整理してない>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク