パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(新潟記念&小倉2歳S編)




停電だけはしませんように。


新潟記念
◎ファタモルガーナ
休み明けの前走は後方から追い上げたが見せ場を作るまでには至らず。
ディープインパクト産駒ながら2200以上をズブズブのスタミナ比べに持ち込みたいタイプで普段の切れ味勝負になる新潟なら危険だが渋った芝なら出番があるかも。
○トレイルブレイザー
海外帰りの影響を懸念されていた七夕賞で好走。周囲の心配を一蹴した。
引き続き58キロだが前走で克服できたし、この馬は気管支に問題があるなら湿度の高い天気のほうが良さそうなので。
▲カルドブレッサ
早くから素質は認められていたが結果には結び付かずいかにもジャングルポケットらしいムラっぽさがあった。
日本海Sはペースの落ち着かない変わったレースだったが無事にOP入り。とはいえ日経新春杯4着があるので極端に格負けはしないだろうから気分よく進めれば。
△ニシノメイゲツ
OPに上がるまでは先行していたが追い込み脚質に変更して出世した。ただ重賞ともなると馬鹿正直に後方待機するばかりでは出番は回ってこないので江田照には一工夫ほしいが。


小倉2歳S
◎ウインスプラッシュ
中京2歳Sは逃げ切ったと思ったところで強襲にあい2着。人気はなかったが新馬・未勝利とそれなりのメンバーが相手だったから頷ける。
父はマツリダゴッホでも母系はフォーティナイナーにシアトルスルーならこの馬場でも苦にしないはず。
○ホウライアキコ
初年度はパッとしなかったヨハネスブルグ産駒だがなぜか最近はよく勝ち上がってる気がする。ミスタープロスペクターの直仔種牡馬なんて今の時代にいらねーよって言ってたが見直しが必要か?
逃げて最速上がりでまとめた新馬戦からどれだけ成長したか、重賞でもやれるかが焦点。
▲ウメ
完全に名前オチの馬だと思ってたら好スタートからスンナリ抜け出して快勝。サンデー×リアルシャダイみたいな血統を芝1200で使うなんてダビスタみたい。
メンバー強化は致し方ないがポンと出られればしぶとく粘りそう。
△ダンツブロード
新馬勝ちの割に人気はないがこのレースに相性の良いマイネルラヴ産駒で、勝ち時計が平凡でもどうせ今の馬場じゃあ1分8秒台では決まらないだろうから気にする必要もなし。
だったら藤懸に期待したほうが面白い。


札幌2歳Sまでの成績
【5/90 ‐174190円】


さっきまで寝てて…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク